妹はこの世界でただ一人の味方

サラダアブラ

スライム

ー朝ー
今日はいつもより早く起きた。4時半だった。もちろんする事があってこの時間帯にした。起きる時間を目覚まし時計もなしに変えられるわけがない?それが変えられるんだな。意思や意欲があると人間は自力で起床できる研究データもあるくらいだ。
で、何をしようとしていたかというと米を炊くだけだ。ストアは1つの材料を買える事もできるので米を買った。150kg。大事な事だからもう一回言う。150kg買いました! 何故か? いつでも食べれるようにしたいから。というわけで今はご飯を炊いています。

「暇だなぁ。何かスキルでも作るか・・・。」

蒸している間の時間はスキル作りに没頭した。そして新たに5つスキルを作った。

_______________
気配遮断
使用すると気配が薄くなる。レベルが最大になると簡単には察知されない。

射撃
銃の命中率が上がる。レベルが最大になると揺れている場所でも狙撃が可能になる。

経験値共有
スキル保持者の血を飲ませる事で共有可能になる。
〈例〉
Aの血をBに飲ませ、Aが30の経験値を得る時、その30を2分割してそれぞれに与える。つまりAとB両方に15の経験値が入る。

製作
物を作る完成度が高くなる。

スキル実用化
スキルのレベルが上がるにつれて性能も普通より上がる
______________

一応結衣の寝室がキッチンの真上にあることからギリギリで届いてスキルが作れた。今回は実用性のものを多く作った。なぜなら今日は近くを探索しようと思っているからだ。ここは山奥の一軒家。近所づきあいがない分楽だけど、困った時は自分たちで対処しなくてはいけないのが悪い点なんだよな。だからこそ近くの地形は知っておかなくちゃいざという時に動けなくなる。
・・・っとそろそろ出来上がるな。うん。なかなかいい感じになってきてるな。最初より全然上手くなってきてる。

「ふぁぁぁ・・・おはよぅお兄ちゃん。」

欠伸をしながら結衣が挨拶をしてきた。珍しいケースだな。結衣は欠伸なんてほとんど見せないのに。それより結衣も早いな。昨日掃除が終わった後倒れるように寝たから早いんだな。
あ、ちなみに今日は別々の部屋で寝たぞ。はっきり言って俺の欲望が抑えられると思えない。一線を超えたらもう元の関係には戻れなそうで何もできない。もちろんキスもできない。寝ている間にしようかなと思ったけどやめた。結衣は今までキスをした事がないと思う。だったら本当に好きな人のためにファーストキスはとっておくべきだ。それを勝手に俺が奪うと泣かれるかもしれない。嫌われるかもしれない。・・・まあ結衣にキスされて嫌な人間はいないと思うからきっとされた人は羨ましがられるだろうな。俺も含めて。

「おはよう結衣。今日は起きるのが早いな。」

「寝るのが早かったからね。今日は何するの?」

「今日は周辺を探索してみようと思ってるけど、どう?」

ちなみに理由としては万が一何かがあった時にすぐ対処できるように地形の確認はしておくべきだと思ったからだ。何かあった後だと遅いからな。もう2度と・・・同じ失敗はしない。

「うん。分かったよお兄ちゃん。」

「もうちょっとで朝食できるからテーブルでまってて。」

さて今日の朝食はご飯、魚(鮭のムニエル)、味噌汁の和食にした。ストアは料理を買おうとしても材料しか出てこないから前回までは簡単なものしか作らなかった。けど一応掃除が一段落したからしっかり料理をしようと思ったわけだ。

「「いただきます。」」

まあいつも通りの味になったかな。土鍋で炊くのもだいぶ慣れたからな。

「いつもの味に戻ってるね。・・・早くない?私もっとかかりそうなんだけど。」

「いや、結衣だって教えればすぐだって。飲み込みは俺よりも早いんだから。」

ていうかよく味の違いが分かったな。俺でも微妙にしかわからないのに。よく味を覚えていられたな。それはそれで嬉しいけど。

「ねえお兄ちゃん・・・手見せて。」

手?手相かな?

学は言われるがままに結衣に手を差し出した。それを見た結衣の顔は青ざめた。

「ちょっとお兄ちゃん! 指のここ怪我してるじゃん!」

やべ・・・。絆創膏貼っておくの忘れてた。昔俺が骨折した時、結衣がすごい取り乱してたのを見てから怪我は一切見せないようにしてたのに。

「あ、本当だ。あとで絆創膏貼っておくよ。」

とりあえずそう言うしかなかった。下手なことを言うと怒られるんだよなぁ。それがまた長い。それに正座されるから足が痺れるんだわ。
そう思っていると結衣がいきなり手を掴んできて口に運んだ。

「んっ!・・・ちゅ・・・ちゅぱ・・ペロっ。」

「うわぁぁぁぁ! 何してんだよ結衣!?」

舐めてきた! なんか舐めてきた! すぐに口から出したけど・・・結衣の口の中暖かかったな・・・。

「何って怪我を早く治すための処置だけど?」

「確かに唾液に含まれるヒスタチンは傷を早く治す効果はありますよ! でもそれだと結衣の口に菌が入り込むだろ! そんなのはダメだ!今すぐ吐け!」

本当に菌が入り込むから汚いって。なのに結衣は飲み込んだよ。・・・何故だ?

「えへへ・・・飲んじゃった。それにお兄ちゃんの怪我を治す方が先でしょ! 別に菌ごときなんでもないよ。」

「分かった分かった。俺が間違ってました。手、洗ってくるから。」

なんか俺の事で喧嘩するとどうしても負けるんだよな。それくらい思ってくれてるのかもしれないけど。・・・ストアで絆創膏買うつもりだったけど、回復魔法使えばよかったじゃん・・・。地球の生活が染み込んじゃってるな。早く慣れないと。





「さて、一応朝作ったスキルも渡したし準備は大丈夫か?」

学たちの向かう先は屋敷周辺の探索である。しかし、人里から離れたこの地は道の整備などされておらず、ただ森があるだけだ。その森は不気味な雰囲気を漂わせている。普通1人では怖くて入れないところだろう。
そのことから結局何人いても怖い事には変わらないと思う人が多い。
・・・しかし

「準備いいよお兄ちゃん。」

「じゃあ行くか。」

2人なら何も怖くない。・・・そう考える者もいる。





森に入ってから30分後2人は目の前にいる存在に戸惑っていた。

「お兄ちゃん。これって・・・。」

うん。あれだな。地球には絶対いないやつだ。

「スライムじゃね・・・?」

青色でプルプルしている。ドラ◯エに出てくるあいつだ。雑魚モンスターとしてメジャーな。よくある内臓が見えるとかはなく、代わりに目もない。・・・不気味で怖いんだけど。

「今更だけど、魔王がいるんだったら魔物もいるはずだよね・・・。」

「魔物倒したらレベル上がるのか?」

微妙にゲーム脳になってる俺ら。ファンタジー世界にいる今、心が踊らないわけがない。しかも結衣も一緒にいるんだ。完璧すぎる。

「よし。殺そう。」

学は躊躇なく、エアガンをスライムに撃った。玉は貫通してスライムはその場で蒸発した。
え?これだけ?もっとなんかないの?・・・とりあえずレベル見てみるか。・・・は?

そこに映し出されてたのはレベルが上がり、ステータスが更新されたものだったが、学が思ってる以上だったため、驚いたのだ。


名前 霧崎 学
レベル 16

HP  1800/1800
MP  800/800
ATK  3100
DEF  3100

もし比例の関係だとしたら、レベルが1上がるたびにHPが100、MP50、ATKとDEFは200ずつ上がるはず。・・・でもたったスライム一匹倒しただけでレベルが15上がるのか。スキルがいいのか、あのスライムの経験値が多かったのか。

「お兄ちゃん。レベルすごい上がっているんだけど・・・。」

「ああ。俺も結構驚いている。・・・今日はもう戻ろう。魔物がいたのは正直予想外だ。ここにどれくらい強い魔物がいるか分からないうちは、しっかり作戦を考えてから行くべきだ。」

可能性は低いと思うが、ここが魔王の拠点の近くとかだったら気が気でならない。その意図を分かってくれた結衣と一緒に一度屋敷に戻った。

--------------------------------------------
以下作者のコメント
前も言ったと思いますが、今週忙しいです。明日とか朝の8時までしか書く時間ありません。あとは夜8時とかからですかね。そしてこれから塾です。しんどい。

急いで書いたので少し変かもしれません。すいません。
書くこともないのでまた次回。

いいね、コメント、フォローお願いします。

「妹はこの世界でただ一人の味方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • サラダアブラ

    またまた報告有難う御座います。一応スライムなので。

    1
  • たーくん

    初めてのモンスターとのバトルはとても呆気ないですね。
    それと、新しいスキルは4つではなく5つですよ。

    1
  • サラダアブラ

    有難う御座います。自分の作品が見られて評価されるのってすごく気持ちがいいです。これからも頑張りますので宜しくお願い致します。

    6
  • TNTの部屋

    作品も面白いし作者さんの一言も好きです
    頑張ってください!

    4
  • サラダアブラ

    有難う御座います。努力してまいりますので今後とも宜しくお願い致します。

    1
コメントをもっと見る / 書く