妹はこの世界でただ一人の味方

サラダアブラ

迷惑 欲望 奪う

「スー・・・スー・・・。」

結衣が気を失ってからすでに5時間は経った。正直言って暇だった。かといって、結衣を放ってはおけないし。それにしても・・・ずっと寝てるな。寝すぎは体に毒なんだぞ結衣。それにしても何か原因があるのか?
睡眠時間が不足してたか?それはないな。いつも俺が後に寝るから起きてたら気づくだろうな。
なら体調不良?カフェインの過剰摂取か?・・・どちらも違うな。体調はいつも通りだったし、過剰摂取だったら俺も同じように眠いはず。それがないってことは・・・自律神経の乱れかな。それもそうだな・・・。人は普通急激な環境変化に適応できない。結衣。お前もだ。表面上は頑張ってるけどまだまだなんだよ。せめてシスコンの称号を得た俺くらいの目を欺くほどの演技力がないと。

「スー・・・スー・・・。」

「結衣さん?そろそろ起きてくれません?掃除ができないんですが。」

無駄だろうと分かっていても声をかけてみる。するとーーーーーーみたいなお約束展開が起きるわけもなく静かな寝息が一定のリズムで聞こえてるだけだった。
この寝顔が見れただけでよしとするか。・・・俺も寝よう。



ー学が寝てから1時間後ー
「う、うぅぅん・・・。」

あれ? ここどこだろう? ってお兄ちゃん!? ・・・寝てる。今何時なんだろう? どこかに時計ないかな? お兄ちゃん起こさないようにそっと行かないと・・・。

ふぅ。なんとか抜けれた。それにしても・・・一人でいると不気味な屋敷にしか見えないんだけど・・・。あ、あった。今は・・・23時。私ベッドの上にいたけど何してたんだろう?思い出せない。

・・・お腹減ったなぁ。キッチンに何か入ってたっけ?

結衣がキッチンに向かう途中には放置されている瓦礫があった。当然それを見た結衣は自分の身に何が起こったのかを思い出した。そしてその場に座り込んでしまった。


ほんと私何やってんだろう・・・。掃除1つできない。迷惑しかかけれてない。邪魔者。役立たず。寄生虫。無能。ダメなところはいっぱい言えるのに・・・いいところなんて何にも言えないっ! 私なんかお兄ちゃんにくっついているただの人形。お兄ちゃんがいないと何にもできない。

一滴。また一滴とどんどん結衣の顔から涙が溢れでた。それでも寝ている兄を起こさないようにと声を必死で殺している結衣の体を優しく包み込む者がいた。学だ。

「え? お兄ちゃん?」

上で寝てたはずなのに・・・。それに泣いてるところ見られちゃった。それなのにお兄ちゃんは微笑んでるし。

「結衣もまだまだだな。俺の目はそれくらいじゃ欺けないぞ。」

「お兄ちゃん。・・・また迷惑かけちゃった。ごめんなさい。」

「迷惑? いくらか前に言ったと思うけど、俺に関して迷惑か否かを決めるのは結衣じゃない。俺だ。俺は迷惑なんか思ってないよ。」

あれ? 前に言ったような気がするけどどうだったっけ? 本当に言ってたっけ? これ言ってなかったら恥ずかしいんだけど。

「大人だって失敗をする事はいっぱいあるよ。だからまだ子供の結衣がしないなんておかしいと思うよ。もし今回の反省を活かさないとただゴミを増やしただけになるぞ。」

だって見るからに身体強化使った後があるし、多分思いっきり走ったりするからその風圧でいろんな物が飛んだんだろうな。これしっかりしないと生活が危ない。

「・・・ごめんなさい・・・。」

怒られちゃった・・・。いつか捨てられるのかな?あの日みたいに・・・。そんなの嫌だ! お兄ちゃんとは離れたくない!誰がなんと言おうと絶対に離れない!・・・お兄ちゃんに嫌われたら私どうなるんだろう?

「・・・でも私思うの。お兄ちゃんが失敗したことなんて体調不良時以外にないでしょ。・・・私なんか早く終わらせて褒めてもらおうとしたら・・・こんなんだし・・・別に体調も悪くないし、勝手に物が倒れたわけでもない。・・・自分がした事なのに悲しくて。」

もう自分自身が嫌になってくる。

「結衣。今度からは一緒に掃除をしよう。結衣が間違ってたら俺が教えられるし、危ないことがあっても近くにいれば結界が張られるだろ。・・・というかどうして最初から提案しなかった? 別々にやる方が危ないというのに。・・・ごめんな。頭の悪い俺で。」

俺が気づいていたら怪我をすることもなかったのに。ダメだ。結衣は謝ってら許してくれるだろうけど心の中では苦しんでいるに違いない・・・。こんなんが兄?ふざけてるだろう。

「ううん・・・。お兄ちゃんが悪いわけじゃないよ。全部私のせい。だからあまり自分を下にしないで。」

「分かった。・・・ところで結衣。もう少しこうしていたいんだけど寒いんだよね。ベッド戻らない?」

今更だけど抱きついたままなんだよね。俺としてはもっと堪能したいところだけど寒すぎる。多分亜寒帯の地域なんだろうな。



どうしてこうなったんだろうな?今俺の目の前には結衣がいる。いるだけならいいんだけど、同じベッドにいるんだよ。さらに俺を何か抱き枕とでも思ってるのか、抱きついて足を絡めているんだよ。
静かに聞こえる結衣の寝息。黒いサラサラな髪。ぷっくりしている唇。俺に押し付けられる柔らかい2つのあれ。全てに目を焼き付けるほどの価値がある。・・・けどダメだ! なんとかして自分の欲望を抑えるんだ! 

・・・ちょっとくらい抱き返しちゃダメかな?こんな世界の頂点に立つような超絶美少女がいて我慢できるか?いや、それは三次元を愛さない者でも無理だろう。

そして俺は欲望に流されて結衣を抱きしめ意識を落とした・・・。



ー学が起きる2時間前ー
「ふぁぁぁ・・・。」

あれ?なんかある・・・・・・うわぁぁぁ! お兄ちゃん!? なんで抱きついているの!? って私もだ!・・・お兄ちゃん。お兄ちゃん。・・・学くん。いい匂いだね。ずっとこうしていたいな。大好きな人と一緒にいれるこんな時間が一生続いて欲しい。いや・・・一生じゃなくてもいい。なるべく多かったらいいや。・・・お兄ちゃんは誰と結婚するのかな?嫌だなぁ・・・。誰とも結婚して欲しくないなぁ。

・・・他の女に奪われるくらいなら今奪っていいよね?お兄ちゃんのファーストキス。

チュ・・・

へへへ・・・。ご馳走さま。お兄ちゃんは私のものだよ。誰にも渡さないよ。・・・もう一眠りしようかな。お兄ちゃんに抱きついて。

私はさらにお兄ちゃんに抱きついて意識を落とした・・・。



「ああっああ〜〜。よく寝た。」

結衣の寝顔が可愛いな。さて、ちょっとばかし良心が痛むが起こすか。

「おーい。起きろー。」

こう言ってほっぺをペチペチすると起きやすいことが最近になって分かった。新たな進歩だ。すると結衣は目を覚ましたが、まだ寝ぼけているようでボーッとしている。そんな時は・・・ほっとく。これ以上なんかすると朝から不機嫌になってギスギスするかもしれないからな。少しでも寝かしてやるか。そう思い一人下に行く俺だったが、それを見る結衣の顔が赤いのと、罪悪感でいっぱいな気持ちを抑え込んでるのまでは分からなかった。

下で瓦礫撤去をしていると結衣が走ってきた。

「ごめんお兄ちゃん! 遅れちゃった!」

遅れた?何か約束なんてしてたっけな?

「何か約束あったっけ?」

「あれ? ...なかった・・・。」

やっぱり。俺が結衣との約束を忘れるはずないからな。ところで・・・

「どんな約束をしたと思ってたんだ?」

「えーっと・・・一緒に瓦礫を片付けようって。」

ああー。なら良かった。

「ちょうどやってるし手伝ってもらえるか?一人だと時間がかかりそうでさ。」

「うん。もちろんだよ! 私がしちゃった事なんだから。・・・それとごめんね?」

「何が?」

「ううん。なんでもない。じゃあ始めるね!」

一体なんだろう・・・。すごい気になるな。

それから20分間後全ての瓦礫を片付けられた。・・・どこに捨てたのかって?こういう時の無限収納庫だろ。

--------------------------------------------
以下作者のコメント
悩み事って誰にもありますよね。多分ですけど。最近金欠なんですよ。何も買えなくて家の中にある材料だけでお菓子を作るんですけど、まあ不味くて不味くて。店で売ってるのは美味しいんですけどね。
ちなみに作者が作ったのはクッキーです。味が薄すぎてダメダメでした。お菓子作り難しいですね。

今更感ありますけど戦闘シーンは下手くそです。言葉で表せられると思いません。作者の語彙力は無に等しいので。

いいね、コメント、フォローお願いします。

「妹はこの世界でただ一人の味方」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ウォン

    ヒャッハー妹さいこーう!

    2
  • サラダアブラ

    結婚させちゃいましょう(←適当)

    10
  • ちょっと二次元が好きです

    家も買ったし、とりあえず二人を結婚させよう(←ストレートすぎて作者困る)

    10
  • サラダアブラ

    毎日見てくださって有難う御座います。ヤンデレの書き方をしっかりと身につけてから書きたいので描写シーンは少ないと思いますが、できる限りそうしたいと思います。
    これからもよろしくお願い致します。

    6
  • ノベルバユーザー114788

    妹はヤンデレがいいです!
    毎日見させてもらってます!

    8
コメントを書く