ふわっとしたモンスター図鑑

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

ベヒモスって?



旧約聖書に登場するモンスターでカバによく似た外見、浅瀬や川の中で過ごすという。
元々はカバと同じサイズであったが、時代が進むにつれ巨大化し、青銅の骨と鉄の手足を持つ怪物で、本来は海生生物だったが、リヴァイアサンと一緒に海に入ると海の水があふれてこぼれるので、ベヒモスが気を利かせて陸に住み着いたといわれている。


作品に出すなら、ベヒモスの巨体の上に街があるとか、噂だけが先行していて、実際見に行ったらただのカバだったとかどうでしょう?

「ふわっとしたモンスター図鑑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く