ふわっとしたモンスター図鑑

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

ズーって?



古代アッカド神話に現れる鷲の体に獅子の頭を持つモンスター。
アンズーとも呼ばれ頭から光を放ち、羽搏けば嵐を起こしたといわれる。


元々は大気の神エンリルの神殿を守護していたが神々の支配者になるという野望を持ち、トゥプシマ(天の書板)と呼ばれる持つものを主神にする石板を盗む。


神々が恐れおののく中戦いと狩猟の神ニヌルタがズーに挑み、サブ山でズーを捕らえ秩序を取り戻した。



作品に出すなら神、もしくは王から盗まれたものを取り戻す依頼、神殿を守護するものとしてどうでしょうか?

「ふわっとしたモンスター図鑑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く