ふわっとしたモンスター図鑑

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

 クラーケンって?



ノルウェーの伝説に現れる北極の海に生息する巨大なタコもしくはイカの姿をした怪物。
18世紀ノルウェーの司教エリックがクラーケンを目撃したと言われており、著作ノルウェー博物誌では海藻に取り囲まれた島に見えるほど巨大だったという。
クラーケンが墨を吐くと視界全土の海が黒く染まり、姿が見えなくなったと言われている。


大航海時代では帆船を襲い、船乗りたちを海に沈める怪物として恐れられていた。

「ふわっとしたモンスター図鑑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く