ふわっとしたモンスター図鑑

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

 カトブレパスって?



古代ローマの博物誌で紹介された動物。
重い頭部と血走った目、ウロコ状の背中を持つバッファローで頭部が重いことから常に腹ばいか、うつむいている。
カトブレパスの目を見たものは石化すると言われているが、自分から覗き込もうとしない限りは目を見ることはないと言われている。


ファンタジー作品ではかとプレパスの目が錬金術の材料だったりすることが多い。

「ふわっとしたモンスター図鑑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く