ふわっとしたモンスター図鑑

パクリ田盗作@カクヨムコン3参戦中

 ヴクブ・カキシュって?



マヤ神話に現れる巨人。エメラルドに輝く歯と金銀でできた体を持ち、地平線を眺めるほどの巨体だったと言われている。
マヤ神話の神々が人間を創造した時、人間を支配しようと企むが神々の計略によって頓挫。さらにファンブニー、イシュバランケと呼ばれる神によって返り討ちされて力の根源であるエメラルドの歯を傷つけられ、医者に化けた神々によって葉を全部抜かれて死んでしまったという。


作品に登場させるならヴクブ・カキシュ本体ではなく、力の源と言われたエメラルドの歯を巡った争奪戦などが話として盛り上がるのではないでしょうか?

「ふわっとしたモンスター図鑑」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く