お嬢様は軍師様!

葉月 飛鳥

お嬢様 討伐をする8


「招き起こした・・?なに言ってるの?僕がそんなことするわけないじゃん。」 
「そうッスよ。ヒューデガルド君は俺達を労いをしてくれたんすよ。感謝しているッス。ねぇ、隊長。」
「あ・・・あぁ。感謝をしている。」
「そうだよ。みんな、そう言っているんだ。どこが悪いんだよ。」

ヒューデガルドがイーゼスにくってかかる。
さっきまで目が潤んでいたというのに、今では優越感で顔がにやけていた。

「ヒューデガルド・ブライト。」
「なんだよ、改まって・・・。」

イーゼスは今いる所から一歩進んだ。
一歩進むと、ヒューデガルドとの距離がゼロになり、相手を見下ろす形となった。
ヒューデガルドは、近づいてきたイーゼスに対して一歩後ろに進もうとしたが、イーゼスの威圧感で動けない。

「盗撮達はブライト商会の馬車を見つけ、襲おうとした。それでも自分は悪くはないと言い切れるのか?」
「え・・・?」
「あんな豪華でしかも商会の刻印が入った馬車で来たんだ。これでは狙って下さいとしか言えないぞ。」
「だって・・・その方が皆分かると思って言われて・・・。」

『ヒューデガルド君が来たと分りやすいようにしない?』
『じゃあ、僕の商会の刻印を出せば分りやすいよ!』

オーガスタ達に喜んで貰おうと、食べ物や飲み物を色々準備していた時に、マリアから提案をされた。
良い考えだと思った。
皆に認めて欲しかっただけなのに。

「マリアが、マリアが分りやすく商会の刻印をって言うから・・・。」
「ひどいよ、ヒューデガルド君。私はそんなこと・・・言ってないよ。」

声がした方に顔を向けるとマリアと、その後方にはクロームと女性が立っていた。

「マリア??」
「ヒューデガルド君があの馬車で持っていこうとしてて・・・私は止めようとしたけど・・・・でも、これで行こうって強く言われて・・・」

『でも、大丈夫かな?ケガしないかな・・』
『平気だよ!うちの馬車は頑丈だし、これで行こう!!』

確かに言った。
でも、そんな意味じゃない。
道中に馬車が壊れてケガをしないようにと思っていただけなのに。
盗賊を呼び寄せるような事なんて思いもしなかった。

「ヒューデガルド。」

イーゼスに名前を呼ばれ、ヒューデガルドはゆっくりと顔を向けた。
さっきの威勢とは違って、今は驚きとショックで顔が固まっている。

「イー・・・ゼス、僕は本当に・・・皆を。」
「それは俺に言うことではないだろう。」
「え??」

指を指された方向に顔を向けると、オーガスタとアルトが心配そうな顔をしているのが見えた。

「オーガスタ・・アルト?」
「ヒューデガルド、大丈夫?」
「頬、痛くないのか?」
(なんで・・・。)

なんで2人は、そんな顔をするのだ。
危険にさせたというのに。
心配をされる資格がないのに。

「ご・・め・・・。」

涙が流れて顔が見えない。
はっきりと伝えたいのに嗚咽しか声がでない。
多分、顔がひどい事になっているのに2人には隠したくはなかった。
ヒューデガルドは、オーガスタとアルトの所へ一気に走り出した。

「ご~め~ん~な~さ~い!!」

ガシッーー

「オーガスタ!アルト!ごめん、僕の・・・僕のせいで・・・」
「謝らなくて良いよ、ヒューデガルド。」
「全く、酷い顔だな・・お前は。」
「うあああぁぁぁーーーー!!」

ヒューデガルドはそのままオーガスタに抱きつくと、顔をうめて大声で泣き出した。
オーガスタやアルトも、つられて目が潤んでいる。
3人は暫く、そのままたたずんでいた。

「お嬢様は軍師様!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー158512

    続き楽しみにしてます。
    頑張ってください。

    1
コメントを書く