話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート無しクラス転移〜〜Be chained(ベチーン)〜〜

キズミ ズミ

一章 6話 『決意は塵埃の中で』




疾風迅雷もかくやというスピードで、オレは怨敵である『トラ』へと向かっていた。

しばらく、全速力で走っていると、大草原の真ん中で、
一際目立つトラ柄の物体が目に入る。

近づくほどに、明瞭になっていく『トラ』の全貌だが、その『トラ』のすぐ目の前に、少女がへたり込んでいるのが見えた。

「アレは、委員長か!やばい、委員長まで喰われたら・・・!」

追想されるのは、上半身を無くしたあの残骸。

人であった頃の名残を微小に残したまま、今も草原に打ち捨てられたままの、唯一の親友。

「・・・・・・ッッ!!」

思い出したら、また涙が溢れてしまいそうだった。

だから前を向いて、ひたすらに疾走していた。

「・・・間に合ったッ・・・!」

それこそ、地球基準ではあり得ないほどの時速で走っていたので、委員長と『トラ』との間に滑り込み、急停止すると辺りに凄まじい量の砂塵さじんが舞い上がった。

オレは『トラ』の対面に立っているはずだが、砂煙の中ではそのトラ柄は見えない。

そしてそれは眼前の『トラ』も同じだろう。

しかし、オレは、そして『トラ』は、たしかにお互いの存在を認識していた。

オレは、『トラ』を仇敵として。

『トラ』は、オレを害敵として。

お互い意識上の相違はあれども、戦うべき相手としての利害は一致していた。

一拍おいて、砂けむりも晴れないうちから『トラ』はオレに肉薄してきた。

「・・・ッッ!!」

ーーーーー速いッッ!!

ていうか、委員長から距離を離さなきゃいけない!!

もしも、オレがここで『トラ』を躱そうものならば、背後にいる委員長は『トラ』の牙の餌食になるだろう。

だから、敢えて避けず、真正面から『トラ』の攻撃を受け流した。

かじり付こうとしてきた『トラ』の顎下に滑り込み、喉輪をかけて渾身の力で腕を振るった。

「ぅおおおォォォォ!!、ラアァッッ!!!」

体制が悪く、十分に力を込めていないにもかかわらず、投げ払われた『トラ』は前足を浮かせ、無防備な腹を見せる結果になった。

刹那の好機を見逃さず、『トラ』の懐に入り込み、蹴殺さんばかりの力で『トラ』に蹴撃をお見舞いしてやった。

「グガァァァオッッッッ・・・・・・!!!」

強かに決まったミドルキックは『トラ』を5メートル以上後退させ、その顔貌を苦渋の表情にさせるほどだった。

オレは、『トラ』を圧倒している。

つい先ほどまで、敵とすら、餌とすら見られず屈辱的に生かされたオレがーーーーー

異形の怪物である『トラ』と、対等以上に渡り合っている。

その事実が、爽快感と共に、倒錯的な虚しさを孕んでいた。

元はと言えば、オレはほんの先ほどまでどこまでも無力だった。

それを悔いて、そしてこの人知を超えた力を、異能を得た。

だけれどもソレは、自らの能力と吞み下すには、あまりにも『トラ』という存在に近すぎた。

『トラ』は虎でも、トラでも無く、あくまで『トラ』だというように。

オレはいつのまにかオレではなく『オレ』という、異形の怪物に成り上がっていた。

胸を掻くこの虚しさは、人域を超えた者の弊害なのだろうか。

人として、得てはいけない異能を手にしてしまったペナルティなのだろうか。

何にせよ、責任者を糾弾するまでもない。

全てあの仮面の男の差し金であることは明白である。

「だったら・・・!早いとこ『トラ』をぶっ倒して、あの仮面の男に一発くれてやる!!」

決意は突飛なものだったが、勇気は奮い立った。

地面に拳を突き立て、再び砂の噴煙を上げるとオレは、
準備した。

すぐに『トラ』は砂塵の中からオレを見つけ出し、牙を晒して踊りかかった。

すんでのところで『トラ』の咬撃を躱すと一歩、二歩、三歩。

目測で10メートル程、『トラ』から距離を置くとーーーーーーー

ーーーーーーオレは自分の左手人差し指を、思いっきり引っ張った。

ジャラジャラと、音を立てて伸びたオレの指、否、既に鎖へと変貌を遂げた・・・・・・・・・・・ソレは、意志を持つかのように『トラ』に巻きついた。

鎖はがんじがらめに『トラ』を縛り付け、動きを封じられた『トラ』は小刻みにしか体を動かせずにいた。

「グガァァァ!?ガァァァァァァァッッッッ!!!」

ーーーーーーーそうだ。コレが、この鎖こそがオレの虚しさの根本。

仮面の男に渡された。

人域を踏み外した異能だ。

人差し指から伸びた鎖は、一本で彼の『トラ』の動きを封じるほどに強靭であり、こんな鎖を、オレは多分体中から出すことが出来る。

・・・こんなオレを見て、誰がヒトだと思うのだろう。

怪物ではないか。

この『トラ』と同じように。

とはいえ、不本意ながらもこの異能は、この力は、悪しき『トラ』をくじく為の大きな助けとなっている。

だから、甘んじよう。

今はこの力を受け入れて、自らのものとして呑み下そう。

この異能を仮面の男に叩き返すまで、この異能はオレのものだ。

だからーーーーーー!!

オレは『トラ』の真正面に立つと、動けないでいる『トラ』を一瞥した。

『トラ』がオレの意思をどう汲んだかは分からない。

しかし『トラ』は自らの死期を悟ると小さく、鳴いた。

「じゃあな、『トラ』」

「もうお前の顔は、二度と見たくないよ」

左手人差し指で『トラ』に鎖を繋げたまま、右手の人差し指を引っ張った。

長く伸びる漆黒の鎖を大きく振りかぶり

「『鎖縄さじょうーーーーーー黒鞭クロムチッッ!!!』」

『トラ』の脳天へーーーーーーー振り落とした。


ーーーーーーーバチィィィィィィッッ!!!!


空気が弾けるような音が、大草原のどこまでも響き渡り、余韻さえ聞こえなくなった頃、頭部を失った『トラ』はゆっくりと大地へ、体を伏せた。

「・・・・・・加藤、君・・・?」

「ーーーーーーー」

達成感よりも、寂寥感のある決着に心がついていかず、しばし抜け殻のようになっていると、声をかけられた。

「委員長、と、秋山・・・?」

振り返ると、黒髪おさげのメガネ少女、委員長と彼女の友達、秋山カエデがオレを見ていた。

だから何の気なしに彼女らの名前を呼んだのだが、委員長はすぐにオレから秋山に視線を移し、信じられないものでも見るかのような顔をした。

「え・・・・・・?なんで・・・、カエデは・・・」

「委員ちょーーーーー」

どうしたのだろうと、委員長に再び声をかけようとして、ーーーーーープツリと、意識が途切れた。


「ーーーーーーーッッ!」

数瞬経って、意識が体に帰ってくると、周りには委員長も、『トラ』の死骸も、無かった。

「ミキオ?」

ふと、オレを呼ぶ声。

委員長では無い。

聞きなれた声が、背後からオレを呼んだ。

ーーーーーーいや、そんな訳無い。

ーーーーーーアイツの声が聞こえるなんて、有り得ない。

ーーーーーーだってアイツは、オレが無力な所為で・・・!

それでも、確かに聞こえたその声に一縷の望みを託して、振り向いた。

既に涙腺は臨界点を遥かに超えて、決壊していたと思う。

「ーーーーーーミツキ・・・!!」

そこには、在りし日の姿と変わらない、

唯一の親友が立っていた。





どうも!キズミ ズミです!



やっとこさ息の長かった『トラ』を倒せましたね!

ホント、長かったです。

『トラ』だけで1万字書くとは思いもしませんでした・・・。

ともあれ、これで次回、1章幕間を挟んで『トラ』編は終了です。

続く2章はもう少し冗長な感じを抑えて書きたいです!





「チート無しクラス転移〜〜Be chained(ベチーン)〜〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 暇人001

    サポートキャラクターがいきなり死ぬという展開がとても斬新で面白いと思いました!
    これからも頑張って下さい!

    1
コメントを書く