天才と煩悩

auz赤葦

進化をやめた天才-不快なことは繰り返し②

木下陽気。3年間、1日たりとも忘れたことは無かった。俺は紅葉に伝えなかった。また強気な面が出るのを防ぐためだ。俺は紅葉にトイレに行くと伝え、紅葉のいないところで本部へ連絡を取った。支持を受けた。
「最悪逃がしてもいい。現状維持。その代わりGPSを付けること。動きがあったらまた指示を仰げ。」
と。俺は紅葉の待つ店へ急いで戻った。妙な胸騒ぎがした。嫌なことほど当たるものだ。案の定、店の方から悲鳴が聞こえた。

俺は本部に連絡をしながら店へ入った。木下はまた事件を起こしていた。本部は今向かってきている。そしてひとつ、いや最悪なことがひとつ。紅葉は捕えられていた。今回俺は無防備、木下はナイフ。勝ち目はなかった。だからこそ聞いた。
「木下、今回の要求はなんだ!」
と、少し強めに言ってしまった。
「おぉ。あの時の小僧か。俺を恨んで特殊急襲部隊に入ったそうだな。」
なんで知ってる?そう思った。しかし、そんなことは後回し。
「そんなことは聞いていない。要求はなんだ」
「要求?そんなものないね」
「じゃあ、何が目的だ!」
ついカッとなってしまった。
「新しい人質を捕まえに来た。」
「関係ない民間人を巻き込むな!」
怒りは増す一方。
「関係ない?そんなことないね。こいつはお前の彼女だろ?」
やっぱり、俺のことに詳しすぎる。そんなことを思った瞬間。
「おい、そこどきな。間違っても何かしようとするなよ。こいつが死ぬからな。 」
逃げられる。そう思った。・・・

あの後、俺は何も出来なかった。紅葉は人質に取られてしまった。本部から応援が到着したのは連れ去られたら7分後。俺は自分の力の無さを憎んだ。1つだけ、木下を捕まえる方法ができた。俺はトイレに行く前、GPSを紅葉に付けておいた。鮫島さんにその事を話した。だか、その15分後。そのGPSはまるで知られたかのように動かなくなった。

不快なことの繰り返し~完~

新たなスタート~完~

─────────────────────────────────────────
不快なことの繰り返し終了です!
そして新たなスタート終了です!
続きの執筆が手こずっています。
なので2週間ほど投稿を休ませて頂きます。
本当にすいません。
次回の更新は2月26日です。
是非また読みに来てください。

「天才と煩悩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く