天才と煩悩

auz赤葦

天才舞立つ一全力で足掻く➀

GPSは動かなくなった。そんなことありえない。だって、紅葉に持たせたGPSは紅葉へのプレゼントに仕込んでおいた小型だから。そう思った。トイレに行く前に急遽仕込んだ。だから見つけやすい、ばれた。そう思うのが自然だろう。けど違う。俺はそうは思わない。タイミングが良すぎる。連れ去られてから22分後、鮫島さんに言ってから15分後。明らかにおかしい、見つけやすいはず。それこそ10分もあれば簡単に見つけられる。時間がかかり過ぎている。ということは、この特殊急襲部隊に木下の仲間がいることを表していた。鮫島さんの可能性が9割お占めていた。鮫島さんにしか伝えてなかったから。次に高いのは順に高橋さん、白川さん、小峰さん、弧鳥さん、安藤さん。理由は席の場所。鮫島さんの席に近いほど俺と鮫島さんの会話を聞きやすいから。そんなことを思いながら、俺は救出方法を考えていた。そうしているうちに1つ浮かんだ。携帯にもGPSがあることが頭に浮かび、そっちを追跡すればいい。そう思った。俺は白川さんに相談して見た。
「白川さん、紅葉の携帯のGPSにハッキングすることできますか」
白川さんは侵入経路を編み出すときパソコンを使っていた。だから聞いてみた。
「俺は無理。1人あてがあるけど紹介しようか」
「お願いします」
それ以外の答えはなかった。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おまたせしました。
切れ目がここしかなかったので少し少なめになってしまいました。
是非また見に来てください。
次回の投稿予定は2月29日です。
すいません。投稿の設定が間違ってしまいちょっと時間がずれてしまいました。

「天才と煩悩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く