話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様になった少年の異世界冒険記

YKD

第五話

  どうも、ネオです。
  今、ロイヤレス王国の検問所に来ています。

  そして、待つこと一時間ようやく順番が来たので仮登録書を見せて王都に入りました。中はだいぶ賑わっていて日本で言うところのお祭りみたいでした。

「まずはギルドに行かないとな」

  スキル、《マップ》を使い冒険者ギルドに向かった。

  5分後

  冒険者ギルドに着いたので早速中に入ってみることにした。中はココナ村よりも大きめの酒場がありその奥に受付があるのは変わらず、変わっているのは2階がある所だった。そして、昼間にも関わらず酒を飲んでいる人が大勢いたその内の何人かは此方を見てゲラゲラと下品な笑いをしていた。
   そんなのは無視して、奥にある受付にいった。

受付の女の人に声を掛けようとしたところ、とても美しい物を見たような顔でぼーをいた。

「あの、冒険者登録がしたいのですが?」と声を掛けると

「は、はい。では、仮登録書をお出しください」と平常に戻ってくれたので、取り敢えず仮登録書を出しました。

  だが見せた途端にまたフリーズしてしまったと思うと今度は慌ただしく「ギルドマスターをお呼びするの少々お待ち下さい」と言われ、受付の人は急いで2階に上がって行いった。

  そんな光景を呆然と眺めていると、後ろから不意に声を掛けられました。

「ガハハハハ、お前何か悪い事でたか?あぁ」

  と先程、品の無い笑いをしていた男とその取り巻き達がやって来た。しかし、その姿はまるで何処かのアニメに出てくる雑魚キャラのモヒカン頭達でした。

「俺達が守ってやるから金目の物全部寄越せや」

  と、渇上げをしてきた。周りの人達も見せ物が始まるかのようにゲラゲラと笑いながら此方の様子を伺っていたので、少し脅すつもりで《神圧》を使ったところ、加減を間違えて周りにも威圧が漏れてしまいました。

  sideギルドマスター

  先程、受付嬢が慌てた様子で部屋に駆けつけてきた。何事かと思うと第二王女を救った者が来たという。それと余り間が開かぬ内に一瞬全身の毛が逆立つような威圧を感じた、まるで目の前に魔王でも居るかのような威圧感だ。
  私は、威圧で意識を刈り取られぬようにしながら1階へ向かった。たが、そこにいたのは気絶し失禁している男達と受付の前でやってしまったみたいな顔をしている神々しいオーラを纏った少年だけがいた。

  sideネオ

  やってしまったと思った。何故ならスキルの《神圧》を使った際、加減を間違えて周りに漏れてしまったため気絶&失禁のオンパレードだった。
  そう思っていると、「これは君がやったのか?」と声が聞こえた。
  声のする方を見ると50代位の男性が警戒した眼差しで此方を見ていた。
  流石に言い逃れがで出来ないので「はい」とだけ答えた。

「君は・・・・何者だ」
 
  と、警戒心を最大限まで上げて話しかけてきた。

「僕はネオです」

  自己紹介をすると安心したような顔をし、先程までの緊張感が嘘のように無くなった。

「そうか、君がネオ君か王女様から話は聞いている。早速登録をしよう」

  どうやらイリヤ様が話を通していたらしい。男の人は「着いてきてくれ」というので、言われるが間に2階へ向かった。
  そして、2階にある部屋の一室に入り「そこに座ってくれ」と言われたので言われた通りに座った。

「俺は此処のギルドマスターをしているオーグだ」
「改めまして、僕はネオです」
「それであの、登録するのに試験を受ける必要があるはずては?」

  ココナ村の受付嬢が言っていた事と違うので質問してみると

「ああ、本来は実力を見るために試験をするのだか君はこの国の第二王女を救った功績と先程の威圧だけで実力が大体知れているからな」
「成る程それでですか」
「しかし、確証が無ければ反感を買うかもしれないだから魔物か何かを討伐してきてほしい」
「魔物で良いなら此処に来る途中で狩っていますけど」
「そうか、ならば解体所に持っていってくれ」
「分かりました」

  僕は、言われた通りに受付の奥にある地下室にいく階段を降り解体所へ向かった。

「あのー」
「おう坊主どうした?」

  出てきたのは身長190㎝はあるゴリラの獣人だった。

「魔物の解体をお願いしたいのですが」
「わかった、でその魔物はどこにいるんだ?」
「今から出すので少し離れて貰ってもいいですか?」
「?、あ、ああわかった」

  そうして離れたのを確認してから無限ボックスに入れたてあった魔物達を出した、ざっと数は300体位だと思う。

「アイテムボックス持ちだったか、しかしこの数を捌くとなると相当な時間掛かると思うがそれでいいか?」
「えーと、取り敢えず魔物の種類とどのくらいの強さなのか先に調べて貰ってもいいですか?」
「あいよ」

  そう言うと早速取り掛かってくれた。その動きはとても手馴れていて10分もしない内に作業が終わった。
  だが、作業が終わったときの顔は苦笑いだった。そして一枚の紙を渡たしてきた。

「悪いが坊主この紙をギルドマスターの所に持っていってくれ」
「はい」

  解体所のおっさんに言われた通りに紙をもってオーグさんの所に持っていった。

「オーグさん、言われた通りに解体所に魔物を持っていきましたよ、あと紙を一枚渡されました」
「わかった、少し待っていてくれ」
「はい」

  そして、オーグさんも紙に書かれた内容を読んでいく内に段々苦笑いしていった。そして、読み終えたらしく声を掛けてきた。

「取り敢えず、登録をさっさと済ませよう」
「分かりました」
「じゃあまずはこの紙に血を垂らしてくれ」

  僕は言われた通りに紙に血を垂らした。

「よし、カードを持ってくるから来るから少し待っていてくれ」
「はい」

  待つこと、5分位で冒険者カードを持ってきた。だが、そこには初期のFランクではなくSランクと書いてあった。

「あの、オーグさんなんでFランクではなくSランクなんですか?」
「ああそれはなお前が持ってきた魔物の中にSランク級の魔物がいたからだ」
「そうだったんですか?」
「ああ、知らなかったのか?」
「ええ、途中で出てきた魔物は片っ端から狩っていたので」

  そう言うとオーグさんは額に手を乗せて、上を向いていた。

「あのなー、普通はSランクの魔物なんてそうそう狩れるもんじゃねーんだよ」
「は、はぁ」
「まぁそう言うこった。あと、明日の朝ギルドに来い」
「あー王宮からの呼び出しですね」
「そう言うこった。それにお前のSランク昇格もあるからな」
「分かりました、それでは明日ギルドに来ますね」

  そう言って部屋から出た後、1階に降りた。そして、帰ろうとしたが宿を決めていない事を思いだし受付嬢の元へ向かうことにした。

「あのー、すみません」
「はい、どうされましたか?」
「宿を探しているのですが何処かオススメの所って在りますか?」
「それでは、ランクを教えて貰っても宜しいでしょうか」
「別に構いませんけど、何故ですか?」
「それは、各ランクによりギルドで勧める宿が違うからです」
「成る程、分かりました。僕のランクは・・・」

  この時、周りにいた冒険者達はFランクかそこらだと思いどうもて遊んでやろうかなど考えながらニヤニヤしていた。だが帰ってきた言葉は

「Sランクです」
「「「・・・ はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!」」」

  周りの人達も受付嬢の人達も皆が驚いていた。

「え?」
「おい!そこのお前?!」

  話しかけてきたのは、スキンヘッドのおっさんだった。

「僕の事ですか?」
「そうだ、てめぇみたいなガキがSランクの筈がねーだろ?!」
「そう言われても事実ですし」

  事実を伝えただけでここまで言われるのだろうか?
  そうした言い合いを5分程していた。そして、段々イライラしてきた。それもそうだ、いくらギルドカードを見せようと解体所のおっさんに承認になって貰っても信じてくれないのだ。
  その事に次第に殺気が漏れだし始めた。そのとこに真っ先に気が付いたのは、目の前のおっさんだった。
  おっさんの顔は段々青くなっていき周りの人達も殺気に気が付いて顔を青くしていた。僕はそんな状況でもお構いなしに殺気を強くしていった。すると「そこまでじゃ」と声が聞こえた。声のする方を見ると僕と同い年位の女の子が立っていた。

「ろ、ロロア様?!」

  どうやら彼女はロロアと呼ぶらしい。更に周りは「おい、ロロアって」「ああ、間違いねぇ"神の使いロロア"だ」
  (神の使いってことは、この世界の神のことか)
    (あれ?ヤバくない。)と、一人場違いなことを考えていた。

「そこのお前、この私が来たんだ頭を下げんか!」
「え?」

  周りを見渡すと皆頭を下げていた。
  なので、周りの真似をして頭を下げた。すると彼女は満足げに胸を張り偉そうにしていた。・・・暫くしてから頭を上げる許可が降りたので頭を上げた。後で知ったのだが彼女はエレント聖教国の聖女だそうだ。
  (にしても、此処の神は何でこんな子を聖女になんてしたんだろうか?)そんな事を思っていると。

「何の騒ぎだ?」
「ぎ、ギルドマスター」

  騒ぎを聞き付けてオーグさんが降りてきた。

「ギルドマスター、それがその・・・・」
「お前が此処のギルドマスターか」
「そうだで嬢ちゃんは?」
「私の名前はロロアだ」
「と言うと、聖教国の聖女様か」
「そうだ」
「で、この騒ぎは聖女様が?」
「いや、違うぞ」
「それは私が話します」

  出てきたのは宿の場所を聞きに行った所にいた受付嬢だ
  そして、事情を説明しているとギルドマスターの顔が段々険しくなっていった。

「はぁ、お前それで本当の事を言っていたら只じゃすまないぞ」
「でも、たった1日も経っていないのにSランクなんて有り得ないじゃ無いですか」
「一応言っておくがSランクしたのは俺の判断だ」
「え?」
「だから、そこにいるあいつは正真正銘本物のSランク冒険者だ」

  こうして騒動は終わりを迎えた。一応ギルドマスターに 受付嬢の処分をどうするか聞かれたが暫く謹慎ということにした。
  そして、宿を紹介して貰いそのまま眠りにつき長い1日が終わった。

「神様になった少年の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く