話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様になった少年の異世界冒険記

YKD

第二話

 (ステータス)

名前:無し
Lv1
種族:神王
HP:∞
MP:∞
攻撃:∞
防御:∞
魔攻:∞
魔防:∞
速さ:∞
〈スキル〉
神眼Lv∞
神圧Lv∞
全属性魔法Lv∞
武の極みLv∞
無限ボックス
完全記憶
並列思考
万物創造
龍化
獣化
手加減
〈称号〉
神々の王の座を引き継ぎし者
神々の王



「・・・・・」
「いくら何でチート過ぎるだろ」


 チートと過ぎるステータスに気を取られて視ていなかったがあることに気がついた。

「名前が無いな」
「そうか、俺は一度死んでるから名前が無いのか」

 今さら思い出した俺は名前を考えることにした
 え、前の名前を使えばいいって?
 いやいや、折角新しい神生?を過ごすんだから名前も新しくしようかなーと思うだろ?

そうして、悩むこと一時間

「よし、俺の新しく名前は"ネオ"にしよう」

 新しい名前も考えたところでそろそろ何処かの世界へ行こうと考えた。

「あのくそ爺の知識ではこっちの方に剣と魔法の世界が在るはずだ。」

 俺は道中暇だったのだ、スキルの内容でも見ることにした。

《神眼》
・相手のステータスを全て見ることが出来る。
《神圧》
・相手に威圧を掛けることが出来る。なお、神圧を発動させた場合、体に神々しいオーラを纏う。
《龍化》
・龍神になることが出来る。その姿は純白の聖龍。
《獣化》
・獣神になることが出来る。その姿は金色の九狐。
《無限ボックス》
・生物以外の全て収納することが出来る。
《完全記憶》
・スキルを発動中は見たこと聞いたことを全て記憶することが出来る。
《並列思考》
・1度に複数のことをこなす事が出来る。
《万物創造》
・ありとあらゆる者を創造することが出来る。
《全属性魔法》
・火、水、風、雷、土、闇、光、等の魔法が全て使える用になる。
《武の極み》
・全ての武器を扱う事が可能になる。
《手加減》
・自分の力を抑える事が可能になる。

 内容を確認したけど、やはりチートだった。
 そんな事をしていると、目的の場所に着いた。


「よし、これから俺の新しい冒険の始まりだぜ」

 俺はそう言いながら、その世界に入っていった。

「神様になった少年の異世界冒険記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く