蒼空の守護

むらさん

『運命の弾丸』(第10章・上)

 敵の大編隊を殲滅した翌日、第六艦隊は遂に人工島攻略に乗り出した。ミューナ編隊は空爆に入り、地上の標的を次々と破壊していった。見る影もなくなった廃墟の島に、マトキスの部隊が次々と上陸する。人工の島なので山や林は一切ない。障壁のない地上は早々にマトキスの部隊に占領された。敵は地下壕に潜って頑強に抵抗を続けていたが、全滅は時間の問題になっていた。護宮の目標は大方達成され、第六艦隊は4日ぶりに最南港に帰ってきた。
 王都・蒼都は夕暮れ時を迎えても閑散としていた。ほとんどの王都民は護宮・守宮の共同会見を見るために家に入っている。第六艦隊の戦果が次々と入ってくるたびにこの兄妹の人気は高まっていき、今や国民的英雄に祭り上げられつつあった。そんな二人の生放送での記者会見の視聴率は、なんと50%を超えていた。
 この会見を冷静に見つめる一人の男がいた。男が部下に問いかける。
 「我が子達の活躍、どう思う?」
 「素晴らしい活躍でございます。まるで南海海戦の英雄・初代希宮のような…」
 「阿呆。」
 望宮は一蹴した。
 「あんなに忠告したのに、奴らは大戦果を挙げた。義兄上統宮の次の敵は、間違いなく二人だ。」
 最大の政敵であった雲宮は、戦果の熱狂の影で密かに処刑されていた。この一大ニュースはほとんど報道されず、娘の空宮ですらその事実を知らない。その他ほぼ全ての政敵も追放もしくは失脚し、宮廷は統宮の思うがままになっていた。
 「二人はこの望宮家のアキレス腱だ。ラディやメルが失脚すれば、その影響は間違いなくこの家にも及ぶ。」
 宮廷で唯一、統宮が大きく出れないのがこの望宮家である。望宮の父・初代望宮が築き上げた巨大財閥とも言えるこの金満宮家は、いざとなれば経済界全てを牛耳ることが出来るとまで言われていた。経済界が全て望宮につけば政権は吹き飛ぶ。義兄弟とはいえ、もはや統宮唯一のリスクとなった望宮を向こうが排除してくる可能性は十分にあった。
 「ですが、向こうも簡単には護宮様に手を出せません。国民的英雄である護宮様に対して下手に手を出せば、逆に政権が倒れかねません。」
 「義兄上を甘くみてはならん。今まで数々の政敵を蹴落としてきた人だ。私が義兄上なら…。」
 空宮を使うだろう。皇后暗殺未遂疑惑で国民の敵となった雲宮の娘。二人が男女関係にあることは望宮の耳にも入っていた。宮廷は血の世界である。罪人の娘というイメージは免れない。このことが世に出れば、護宮の立場が大きく揺らぐ事になるのは間違いなかった。祭り上げられれば上げられるほど、堕ちた時のダメージは大きい。統宮は、タイミングを待っているのではないか…。望宮は大きな懸念を抱いていた。

 たった四日最南鎮守府にいなかっただけでノノウの机には山のような報告書が積まれ、パソコンには大量のメールが届いていた。敵ミサイルによって起きた停電の復旧や、潜水調査によって明らかになりつつある敵戦闘機の機能、島民の避難状況など様々である。そんな中一際ノノウの目をひいたのは、守宮が極秘に命じている迎撃ミサイルの配備に関する報告書だった。
 初めて弾道ミサイルが飛んできて以来、既に半月近くが過ぎている。その間全く弾道ミサイルが飛んできていないのは何故か、ノノウはずっと疑問だった。自分が黒の国の中枢にいれば、間違いなく弾道ミサイルで攻める。わざわざ艦隊決戦を行うよりも圧倒的に人的損害を抑え込めるからだ。敵地を焼き払ってから攻め込めば、進軍もかなり容易になるはずだった。何故敵は弾道ミサイルを多用しないのだろう。プライドか金か、それとも技術的要因なのか。いずれにせよ迎撃ミサイルの配備は喫緊の課題であった。宇宙空間で迎撃出来ないと、地上が致命的なダメージを被る。だが最南鎮守府は戦費に膨大な費用を費やしており、ミサイル配備まで財政が回らないのが現実であった。どうやって経費を捻出するか…。
 そこまで考えた時、付けっ放しにしてあったテレビが気になる情報を伝えてきた。
 「蒼都時間明日午後8時頃、第一艦隊及び南西諸島艦隊が最南港に入港する見込みであることが明らかになりました。」
 最南島は蒼々本島と8時間の時差がある。最南島の時間だと、明日の昼過ぎになる。
 「入港に先んじて第一艦隊旗艦『海華』に護宮殿下が訪れ、ジビド殿下と会談を行う模様です。」
 パソコンのマウスを操作しようと伸ばしたノノウの手がピタリと止まった。
 (妙だな…)
 別に会談を行いたいのであれば、到着後に最南鎮守府で行えば十分なはずだ。何故わざわざ海華に呼ぶのだろう。ニュースはそれ以上の事を伝えず、守宮の航空ショーのVTRを流し始めた。そんな映像を流している場合か。心の中で毒づきながら再びパソコンと向き合う。各部署に指示を送っている間、ノノウはどうしても違和感を拭えなかった。
 (迷ったら、確かめろ。)
 かつて王宮で諜報の仕事をしていた祖父が残した遺言が頭をよぎる。
 (お祖父様、これを使う時がきたようです。)
全てのメールを読破して、ノノウは立ち上がった。8年前にもらった祖父の形見の腕時計は、今も正確な時間を刻んでいる。

「ノノウ殿が参られました。」
 護宮に意外な報告がきたのは、湯上がりのホットココアを飲もうとしている時だった。既にぐっすりと眠っている空宮を起こさないように、そっと自室を抜け出す。応接間ではノノウがポツンと座っていた。
 「二人で話すのは初めてだな。メルは?」 
 「お休みになっておられます。遠征と取材で相当お疲れになったようです。」
 「そうか…」
 パイロット達はこの四日間、戦闘・偵察・哨戒と常に前線で戦い続けた。南二空最南第二航空隊、飛雲航空隊の将兵達も皆ぐっすりと眠っている。護宮はココアを一口飲んで、ホッと息をついた。
 「私に何の用かな?」
 ノノウはカバンから時計の入った箱を取り出すと、机に置いた。
 「友達に護宮様のファンがいまして、是非これを渡してほしいと言われました。」
 「別に今ではなくても良くないか…?」
 怪訝な顔で箱を開け、中身を見た護宮は突然笑い出した。
 「これを私に…。」
 ノノウは焦った。祖父が誰に使えていたかは知らないが、この時計のブランドは王宮でもトップクラスのものである。望宮家金満宮家の人はこれほどの品でも笑い飛ばす程度のものなのか。
 「お前の友達は80代のおじいちゃんか?」
 護宮の言葉が急に砕けた。確かに、祖父が生きていればそれくらいになる。
 「この時計はな、私の祖父が諜報に使っていたものだぞ。」
 ノノウは雷にうたれた。祖父が仕えていたのは初代望宮だったのだ…。羞恥と恐怖でカチンコチンに固まったノノウは、口だけをパクパクと動かした。
 「どうか…命だけは…。」
 「バカ、今お前が死んだら誰がメルを支えるんだ。」
 彫像になったノノウを見てニヤニヤしながら、護宮は腕時計をつけた。
 「これで海華を盗聴して欲しいんだろう?」
 ノノウはコクコクと首を縦に動かす。護宮は急に真面目な顔になった。
 「確かに、なぜジビドが私を海華に呼び出すのかは謎だ。テレビでヤツを見たが、何をやりだすか分からない目をしている…。だが、連合候の呼び出しを無視すれば、第六艦隊は賊軍だ。それは避けねばならん。」
 「もし…」
 それ以上の言葉は怖くて言えなかったが、護宮にはしっかりと伝わっていた。
 「この盗聴器のスイッチは既に入っているな。」
 「はい。全て録音されています。」
 「私に万一のことがあれば、後のことはメルに任せる。第六艦隊の将兵たちにもそう言い含めてあるから混乱はあるまい。思いのままに動け。それがどういう結果になっても、私は恨まん。」
 護宮はまるで取扱説明書を読み上げるかのように淡々と告げた。
 「こ…心に留めてきます。」
 絞り出すような声でそう言うのが精一杯だった。
 「心配するな。私はちゃんと帰ってくる。」
 護宮が立ち上がってノノウの頭をポンポンした時、使用人が部屋に入ってきた。
 「新しいココアをお持ちしました。」
 「ノノウ、折角だし飲んで行け。このココアは美味いぞ。メルの紅茶よりずっといい。」

 この日の最南島は、この年の最高気温を更新していた。最近の夏は本当に暑い。おまけに一面コンクリートの最南飛行場では照り返しがとても激しいのである。年中殆ど変わらない王族の盛装で外に出るのは本当に大変だった。
 「お前は涼しそうだな。羨ましい。」
 流れる汗をハンカチで拭いながら、守宮は恨めしそうにノノウをみつめて呟いた。王国民の間では既にクールビズの精神が浸透しており、半袖にポニーテール姿のノノウはとても涼やかに見えた。
 「いつになったら王家のしきたりは現代に沿うのでしょうね。」
 ノノウが同情気味に呟く。守宮としてはフライトの邪魔になる長髪はばっさり切ってしまいたいのだが、それは王族を辞めて遁世することを意味するが為に切るに切れない。
 「昔からの規律を守る事は王家の伝統を守ることでもあるのじゃ。安易には変えられまい。」
 そう言っているアブエロは首元どころか頭自体が涼やかで、守宮は心の片隅で自分の頭の将来を案じた。
 護宮は、盛装の割には軽やかな動きで守宮の前にやってきた。
 「暑そうだな。熱中症には気をつけろよ。」
 「兄上は暑くないのですか?」
 「触ってみろ。この服はな…。」
 厚手のはずの王族の服が薄手で出来ているではないか。
 「特注品だよ。我が家望宮家の近くの服屋で作ってもらった。」
 「こんな手があるのですね…!」
 「向こう王宮が変わらないのなら、こちらから変えていかねばな。新しい風を入れねば王宮は良くならん。この服のように、常に風通しを良くしておく事だ。」
 「今度私にも作って下さい。」
 「安心しろ。もう注文は済ませてある。晩夏には間に合うはずだ。」
 流石は護宮兄上である。このひとには一歩先を読まれてばかりだ。
 「ノノウ、メルを頼むぞ。」
 「護宮様…。」
 二人の真剣な目をみた瞬間、守宮の第六感が警鐘を鳴らした。
 「兄上!」
 行ってはなりませぬ!とは言えなかった。行かねば第六艦隊は賊徒になってしまう。
 「どうか…ご無事で。」
 護宮は笑みを浮かべると、待機していたヘリコプターに向かって歩き出した。爆音と共に上空に舞い上がったヘリの姿がどんどん小さくなっていく。対照的に、守宮の胸のざわめきはどんどん大きくなっていった。鼓動が波打ち、息が上がり、思わずしゃがみこむ。
 「メル様!」
 アブエロが駆け寄ってくる。守宮は大きく深呼吸をして息を整えると、ゆっくりと立ち上がった。
 「大丈夫だ。ちょっと暑さが堪えたのかもな。」
 断じて暑さのせいではない。こんなに警鐘を鳴らしてきた第六感は初めてだった。
 (何か…とても大きな事が起きようとしている…。とても大きな何かが…。)
 
 「来たな…」
 ヘリコプターが海華の艦上に降り立つのを艦橋から見下ろしていたジビドはニヤリと笑った。
 「射程に入り次第、やれ」
 狙撃銃を構えた将兵がコクリと頷く。射程距離1500mの狙撃銃がわずかな護衛だけの護宮を射抜くのは容易であった。
 海華艦上に大きな銃声が鳴り響き、出迎えに上がっていた海華の将兵達から驚嘆の声が上がった。
 「護宮様!」
 護衛達が護宮に駆け寄る。額を撃ち抜かれた護宮は、ピクリとも動かなかった。ジビドが握りしめていたマイクのスイッチを入れ、高らかに宣言する。
 「これより、第六艦隊をわが第一艦隊に編入する!邪魔な者は王族であろうと容赦はせん!者ども、よく覚えておけ!」
 ジビドは自分の演説に酔いしれていた。ついに、憎っくきエリート達の首魁、そして絶対に許せない守宮の兄を討ち取ったのである。
 この一発の7.62mm弾がこの国を大きく揺るがすことになるのだが、まだ誰もそのことには気づいていない。

「蒼空の守護」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く