蒼空の守護

むらさん

登場人物(翠・黒の国)

〜翠の国・王族〜

優王
翠の国の王。黒の国に攻めこまれ、王都・翠都を追われた。

テノン
優王の姫。「黒の国」に国を追われ、戦艦・リプトスに乗艦し北の大地を目指す。17歳。

〜リプトスの乗組員たち〜

ラルバ
リプトスの艦長。優王からテノンを託され、北の大地を目指すことになった。

ハバク
リプトスの副艦長。

ウェルタ
翠の国の重臣。長い間優王を支えてきた。今はテノンに仕えている。

〜黒の国〜

ミューザ
黒の国の女王。南の大陸を制圧し北上。翠の国を併合する。テノンを追いかけ蒼の国を発見、次なる侵略目標にする。とにかく暴虐であり、彼女に気に入られないと殺される。年齢不詳。

「蒼空の守護」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く