話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

薬師シャルロット

なつめ猫

プロローグ

 アルトウス大陸北部に存在する小国――クレベルト王国。
 クレベルト王国の周辺は、険しく高い山々に囲まれており、食料の需給率はとても低く、産出される鉱物の質も低い事から、戦略的価値がない場所と思われており侵略を受けることもない。

 人口は3万人程度であり、周辺国家と比べても、その影響力は、とても小さい。
 長年、無視されてきた国であったが……、新しい王であるクレイク・ド・クレベルトが王座についてからというもの外交政策、食料政策と共に成功を収め、彼が国王になる前よりも確実に実り豊かな国へと変貌を遂げた。



 ――初冬の到来の日。

 クレベルト王国の王都には、現在、冬の訪れを知らせるごとく雪が降り始めていた。
 雪は、煉瓦で作られた町並を、舗装された道を白く染め上げていく。 
 そして雪が降り始めると薄暗くなることもあり、建物から漏れ出る明りが町を彩っていく。
 幻想的な町の中心にそびえ立つ白い大理石で作られた王城は、白亜の城と、クレベルト王国だけではなく周辺の国から呼ばれていたこともあり、雪が降り始めると、霜が出来て輝くことから、とても美しく映える城であった。

 
「……まだか? ……まだなのか?」

 王城内の通路で、一人の男が呟きながら落ち着きもなく歩きまわっていた。
 そんな男の様子を、初老の男性が見つめながら溜息をつくと――。

「クレイク陛下! 少し落ち着かついてくだされ」
「だ、だが! アズルド、そうは言うがな……」

 クレイクは苛立ちを含ませた声でアズルドに問いかけに答えながら、目の前に見える王妃の部屋に続く扉を見て溜息をつく。

「陛下――」
「分かっている!」 

 ムスッとした表情でクレイクはアズルドへ視線を向ける。
 そして、大きく溜息をついてから椅子に座ると何度も足を揺らし始めた。

 クレイクは、恵まれた体格をしており身長が2メートル近くもあり、彼の動作は否応でも目ついてしまう。
 そんな彼をアズルドは、眉間に皺を寄せながら見ていた。
 そもそも、どうしてクレイクが、この場所にいるかと言うと産気付いた自分の妻を心配して自主的に来たからであった。

「くそっ!」

 初めて味わう緊張感に、恐怖そして心配とクレイクの悩みは尽きない。

「こんなことなら、戦場に出て大国と戦っていた方がマシだな……」
「お戯れを――。戦争は最後の手段でございますぞ?」
「分かっている! 分かっているが……」

 いくら優秀な王と言われ民からは賢王と呼ばれていても、彼が修めた物は、戦術、文学、経済学、帝王学であった。
 出産に関しての知識はまったく無い、素人同然。
 自分が何も出来ないことに苛立ちながらアズルドに窘められたクレイクは、気分を紛らわそうと王城通路の窓から外を見る。
 窓からは、城下町が一望することが出来、雪が降り積もっていた。
 その様子を見た彼は「今日は、冷えているだろうな――」と呟いた。



 ――数時間後。

 すでに日が暮れており、現在はもっとも気温が下がる時間帯であり、昼頃から降り始めた雪はいまだに降り続けている。
 幸い城内は、始祖魔術師が作り上げた結界により一定の温度が保たれており、寒さを感じることもない。

 ただ、クレイクは数時間、ずっと落ち着きがなく右足を揺らしていた。

「まだなのか?」
「陛下。まだ、王妃様は産気づいたばかりでございます。私のときなど、10時間近くかかりましたぞ」
「……そ、そうなのか? そんなに時間がかかるものなのか?」

 平時は賢王と呼ばれていたが、そんな姿など今は微塵も感じ取ることができない。
 そんな国王を見ていた宰相であるアズルドは小さく溜息をつくと。

「陛下、来月の使節団の話は聞いておりますか?」
「……う、うむ? それが、どうかしたのか?」
「いえ。何でもございません」

 どうやら、クレイクは自身の妻の身を案じるあまり、頭の回転が遅くなっているようであった。
 そのことに気がついた宰相アズルドは、どうしたものか? と頭の中で対応を考えていたが、仲睦まじい国王夫妻のこと。
 余計なことを言えばかえって混乱すると思い、何もいわないことを心の中で決めたのであった。

 ――それから10時間に無事に子どもが生まれたのだった。



 東京文京区神田町。

 灰色の空が高層ビルの隙間から見ることが出来る。

 いつ、雨が降るか知れない空を女性は見上げて「雨が降ったら困る」と小さく誰にも聞こえる事のない声量で言葉を紡いでいた。
 そして空を見上げたまま、始めての出勤だったこともあり呆然としていた女性は、信号機が青くなるのを漠然と確認してから歩道を歩きだした。
 すると赤色のスポーツカーが赤信号を無視して歩道に突っ込んできた。
 信号が青に変わったばかりで、渡り始めた人ばかりだったため、怪我人は出ることはなかったが――。

 ……いや、一人だけ早めに歩道を渡り始め、信号無視をした車に驚いて転んだ女性がいた。

 ハイヒールを履いていた女性は、信号を無視して突っ込んできた車を辛うじて避けることが出来たが転んでしまったようだ。

「痛っ――。もう! 信号無視なんて最低!」

 小さく愚痴を言葉にしながら、女性は立ち上がる素振りを見せが、足首に痛みを感じてしまい立つことが出来ずにいる。
 そこで、女性は気がつく。
 周囲の人間が、頭上を指差しながら何か叫んでいることを――。

「一体、何が?」

 女性は呟きながら空を見上げる。
 彼女の瞳は灰色の雲が、一面に広がっている空と落下してくる物体を映していた。
 そして、彼女は危険だと理解する前に、落下してきた鉄骨の下敷きになった。
 危険だと理解する間もなく、落下してきた鉄筋の下敷きになった。





 王都クレスの王城である執務室に「陛下、大変でございます!」と、慌てて入室してきたのは、近衛兵のアレスという男。
 クレイクは、彼が断りもなく入室してきた事を嗜めることはせず、「どうかしたのか?」
と、すぐに何があったのかを問いただした。
 火急の案件であった場合、手順を踏んでいては間に合わないこともあるからだが――。

「シャルロット王女様が、王城内の池に散歩中に落ちてしまわれました」
「なん……だと……!?」

 すぐにクレイクは顔色を変える。
 椅子から腰を浮かせながら「それで、今は、どうしておるのだ?」とアレスに問いかける。すると、アレスは、「ハッ! それが……シャルロット王女様の付き人のメイドであるメロウからの報告ですと、シャルロット王女様は、目を覚まされてから何も覚えていないということです」
「何も覚えてない? どういうことだ?」
「い、いえ……。私も詳しくは……」 
「娘に会いにいく。着いて参れ!」
「ハッ!」

 執務室から出たクレイクは、はやる気持ちを抑えきれずいつのまにか城内通路を走り自分の娘であるシャルロットの部屋の前に到着すると両開きの扉を開けた。
 そこには、今年6歳になる国王の娘シャルロット王女が椅子の上で本を読んでいた。


「これって英語? ドイツ語? ううん、どこの言語なの?」

 シャルロット王女は首をかしげながら何冊もの本に目を通していた。
 その集中力は、実の父親が部屋に入ってきても気がつかないほど。

「シャルロット?」

 クレイクの言葉に、ようやく男性が入ってきたことに気がついたシャルロットは、ジッとまっすぐクレイクを見たあと、「ここって地球じゃないんですか?」と、クレイクに語りかけた。




「薬師シャルロット」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く