話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

薬師シャルロット

なつめ猫

異世界転生(2)

 どう考えても、どっきりとは思えない。
 それに、私に話かけてくるような女性は、特殊メイクで耳を尖らせているようには見えない。
 まるで、本当のエルフのよう。
 着ているメイド服だって、安っぽく見えないし、きちんとした仕事着だと思う。
 だって、きちんと着こなしているように思えるから……。

 ――って、私は何を言っているのかな……。
 本職のメイドなんて見たことなんて無いのに、知ったかぶりをしたらダメでしょうに……。

「あの――。シャルロット様、お体が冷えてはいけませんので、お洋服を変えませんか?」
「洋服?」

 彼女に言われて、私は始めて自分の体が濡れていることに気がついた。
 それと同時に、自分の体がおかしな事に気がついてしまう。

「どういうことなの? これって……どういうことなの?」

 あまりのことに、私は気が動転してしまう。
 だって、自分の体が幼稚園に入園する前くらいまで若返っていたから。
 すくなくても、18歳の女の子の体ではないと思う。
 こんな幼女の体で、18歳だったら、それこそ問題だと思う。

「シャルロット様? どうかなされたのですか?」
「あ、あの……ここは、いったいどこでしょうか?」

 私は座りこんだまま、私に話かけてきたメイド服をきたエルフのような女性に話かけた。
 彼女は一瞬、驚いた表情をした後、私を抱き上げると必死な表情で床に敷かれている赤いカーペットの上を走っていく。
 そして、通路で出会った犬耳を頭の上につけたメイド服を着た女性に話かけていた。
 彼女は、犬耳メイドに兵士へ私が湖に落ちたことを伝えるように言っている。

「あの……」
「頼んだわよ?」
「わかりました!」

 どう聞いていいか分からない。
 おかげで掠れた声になってしまい、私の言葉はエルフメイドと、その指示を受けて答えた犬耳メイドの言葉にかき消されてしまった。
 犬耳メイドは、私を抱かかえているメイドの言葉に頷いたあと、通路を走っていった。

「シャルロット様、こちらがお部屋になります。すぐにお洋服を着替えましょう」

 エルフのメイドさんに抱き上げられたまま部屋に入ると、濡れた洋服を脱がされてシルクで編まれたと思われる光沢のあるドレスを着せられた。

 ドレスを着せられている間も、部屋の中を見渡していると戸棚があることに気がつく。
 本の表紙――カバーには見たことが無い文字でタイトルが書かれていた。

 体が小さくなっている事といい。
 見たことが無い文字といい。
 エルフのようなメイドいい。
 犬耳のようなメイドといい。

 可能性がないとは言い切れないけど……。
 ゼロであるとは思えない。

 もしかしたら……。
 もしかするかも知れない。

「シャルロット様?」

 エルフでありメイドである彼女は、私のことを心配している。
 けど、今後の身の振り方を考える上で、私が今いる場所の確認は絶対に必要。
 だって、私の想像が正しければ……。

 戸棚から本をとってもらって目を通していく。

 一通り本を読んだあと、私は小さな溜息をつく。
 読んでいた本を閉じると、いつのまにか見たことがない男性が私を見下ろしていた。
 男性はとってもかっこよくて、私好みであった。

 とりあえず、最後の確認として彼に話を聞こう。

「あの、ここって地球ではないのですか?」

 そう問いかけると男性が大きく瞳を見開いた。




「薬師シャルロット」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く