ヤンデレ彼女日記

彼女はゴミ箱

俺がトイレから戻ると、由奈は心配してくれた。優しいなぁ…と感じていると、由奈から「お互い知るために質問しあいっこしよ!」と言われて、俺たちは色々質問しあいっこした。ちょっと嘘ついたりしたけどw
すると、由奈は店の時計をチラ見すると、
「あ…もうこんな時間!?早く家に帰らないと!ごめんね、竜也君…!」
「あ、分かった…」
由奈はリュックを背負って一目散に店内を出て行った。
唖然とする俺をよそに、まだ由奈のいい匂いが漂っていた。




。。。。。。。。。

タッタッタッ

私は息が苦しすぎるほどの速さで家に帰った。
家に帰ると、母が 
「お帰り」
と言うが、無視。
だって…だって…ウフフ…竜也君の口に入ったスプーンを手に入れたんだもの。早く部屋に戻って飾りましょう。机の引き出しの中に入れようかしら。誰にも触られない所にしまいましょう。
ウフフ…大好きよ…竜也君…






。。。。。。。。
翌日、俺の家の前に今さっき母が捨てたゴミ袋の中身がばら撒まかれていた。



「ヤンデレ彼女日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

  • こーしろー

    内容はとても面白いのですが、誤字が目立つかなって

    0
  • 神園悠理

    始まりとヤンデレ化の始まりって順番逆じゃないですか?逆の方が話が繋がってるので。

    0
コメントを書く