竜の巫女と光剣使いの剣聖譚

ベル

第6話「私たちの時間」

ある場所に私は皆んなと一緒にいた。
皆んなと一緒に時を過ごしお喋りしたりと、とても楽しい時間を過ごした。
こんな時間がずっとずっと続く。私はそう信じていた。
ーー運命という鎖は生易しいものではなかった。
楽しい時間は、奴らによって意図的に壊され、蹂躙され、穢された。
私たちは対抗した。必死になって抗った。私たちの場所を、時間を、皆んなを守るために。
しかし、またしても運命様は助けてくれなかった。
奴らは力で私たちをねじ伏せ、私たちを捕獲した。逆らうものは目の前で殺された。
深い闇の中、私たちは世界から隔離され奴らに弄ばれた。
長い時間をその闇で過ごし、皆んなは次々にどこかへ連れて行かされた。
強い憤りを覚えた。それと同時に絶望していた。
残る仲間は私とあの子の2人だけとなり、私は諦めていた。
しかし彼女は諦めていなかった。

「大丈夫。きっとチャンスは来るわ」

ずっとそう言い続けてくれた。
そしてある時、彼女と私は脱出した。裸足で駆けた。奴隷のように汚れた一枚の布を風になびかせ、全力で逃げた。
けれど奴らは追って来て私たちは捕まった。
奴らが私を殴ろうとしたその時、彼女は力を使って私を守った。

「逃げて!!」

「で、でも...!」

「いいから!早く逃げるのよ!私は大丈夫!私も絶対に逃げ切るから!」

彼女は私の背中を押して私を逃がしてくれた。
彼女の作ってくれた隙を無駄にしないように私は全力で逃げた。どのくらい走ったかはもう覚えていない。

森の中私は意識を失った。



ーーあぁそういえば。あの子、名前なんて言うんだったかな.....

「竜の巫女と光剣使いの剣聖譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 鬼怒川 ますず

    物語の始まり方としては非常に良く、今後の展開次第で面白くなる要素があります。起承転結の結が良ければもっと良くなると思いますよ!
    今後のご活躍ご期待してます!

    2
コメントを書く