話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第25話

ついこの間始まったと思っていた夏休みがもう終わりに近づいていると知った今日この頃、私はスマホとにらめっこをしていた。

舞「はぁー…どうしよ」

何を悩んでいるかと言うと、この夏の間に翔先輩と2人でどうやって遊びに行こうかということだった。
今年は先輩は受験生だからあんまり誘っちゃいけないかなと思ったけど、まだ2人だけで遊んだことないし…なんてことを考えていた。

舞「どうしたらいいんだろ…思いきって誘ってみようかな…でももう夜遅いし明日にしようかな」

ピロン

舞「ん?誰だろう」

《舞ちゃんまだ起きてる?》

舞「しょ、翔先輩!?」

《まだ起きてます!》

舞「いきなりメッセージ来てびっくりしたーでもこんな時間にどうしたんだろう」

ピロン

《夜遅くにごめんね。ちょっと話したいことがあって》

舞「話したいこと…?なんだろう」

《なんですか?》

ピロン

《今週の日曜日に花火大会あるんだけど一緒に行かない?》

舞「…!?翔先輩からのお誘い…!もちろん行きます!」

《ぜひ!》

ピロン

《よかった。じゃあ待ち合わせ時間とかはまた今度決めよう。》

舞「やったー!翔先輩と花火大会…!楽しみー」

《はい!》

ピロン

《夜遅くにごめんね。おやすみ》

《おやすみなさい!》

舞「今週の日曜日かー。あ、お母さんに浴衣出してもらおー!」

-日曜日-

舞「いってきまーす!」

そしてついに待ちに待った花火大会になった。

舞「浴衣よし、髪の毛よし、メイクよし!」

5時に花火大会の会場近くの神社の前で待ち合わせで、私は少し足早に神社に向かった。

翔「あ、舞ちゃん!こっち!」

舞「翔先輩!」

神社の前でこちらに合図を送る先輩を見つけ、小走りで駆け寄った。
翔先輩も浴衣を着ていて、目を奪われるほどカッコよかった。

翔「こんにちは」

舞「こんにちは!」

翔「急に誘ったのにありがとうね」

舞「いえ!こちらこそ誘ってくれてありがとうございます!」

翔「喜んでもらえて良かったよ」

舞「先輩に誘ってもらえたんですから喜びますよ!」

翔「…」

先輩は少し顔を赤らめて、手で顔を隠した。

舞「先輩?」

翔「あ、いや…舞ちゃんすごく浴衣似合ってて、髪の毛もアレンジして、メイクもしてるからいつもと雰囲気違って…すごく可愛いなって」

舞「…!?」

(先輩!そんな顔してそんなこと言われたら反則ですよ!私まで恥ずかしくなっちゃいます!)

翔「じゃあそろそろ行こうか」

舞「あ、はい!」

そして、花火大会が始まった。

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く