話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第23話

-数日後-

舞「お邪魔します…」

翔「えっ舞ちゃん?」

舞「はい!」

私は翔先輩の家に来ていた。
もちろんお見舞いに来たのだ

-数分前-

私は翔先輩のことが気になってつい先輩の家まで来てしまったのだ。
手土産も持ってきたし服装も髪型もちゃんとしてきて準備万端のはず…だけどいざインターホンをならそうと思うと体が動かなくなる。

舞「あーもう!どうしたらいいのー!」

翔の母「あら、あなたこの間翔を送り届けてくれた」

舞「え?」

声のした方を見るとそこには翔先輩のお母さんが立っていた

舞「こ、こんにちは!えっとその…」

翔の母「翔のお見舞い?」

舞「そ、そうです!」

翔の母「わざわざありがとうね。だいぶ良くはなったみたいたけどまだ少し熱があってね」

舞「そうですか…」

翔の母「よかったら上がっていかない?」

舞「えっいいんですか?」

翔の母「えぇ。きっと翔もこんな可愛い彼女が来てくれて喜ぶわ」

舞「か、彼女!?」

翔の母「違うの?」

舞「ち、違います!私はただの後輩です!」

翔の母「なんだ…てっきり未来ちゃんの事吹っ切れたのかと…」

舞「え?」

翔の母「なんでもないわ。とりあえず上がって」

舞「ありがとうございます!」

----------------------------------

翔「お見舞いに来てくれてありがとう」

舞「いえ!体調どうですか?」

翔「だいぶ良くなったよ」

舞「よかったです!」

翔「うん。何か飲み物とお菓子持ってくるよ」

舞「先輩は動いちゃダメですよ!まだ熱もありますし」

翔「でも…」

舞「飲み物とお菓子なら私が取ってきます!なので先輩は休んでてください」

翔「ごめんね」

舞「全然大丈夫です!」

リビングに降りて

舞「あ、翔先輩のお母さん!お菓子と飲み物貰えますか?」

翔の母「ちょうどいいところに来たわ今持っていこうと思っていたの」

舞「ありがとうございます」

翔の母「ねぇひとつ聞いてもいいかしら」

舞「なんでしょう」

翔の母「あなたよく似たお姉さんとかいる?」

舞「いえ、一人っ子です。それが何か?」

翔の母「そう。昔翔と付き合っていた女の子がいたんだけどその子にあなたが瓜二つで」

えっ…
私は困惑仕切って頭が追いつかなかった。

翔の母「ごめんなさいねこんな話して。さ、早く飲み物とお菓子を持って行って?翔が待ってるわ」

舞「あ、はい」

翔「あ、おかえり舞ちゃん」

舞「…」

翔「舞ちゃん?」

舞「…!ごめんなさい!」

翔「どうしたの?気分悪い?」

舞「い、いえ、そういう訳では…」

翔「そう?ならいいんだけど」

舞「あ、これ先輩の昔の写真ですか?」

翔「うん。中学入ってすぐの頃かな?」

舞「へぇー…あ、これ…」

私は1枚の写真に釘付けになった
翔先輩と私とよく似た女の子のツーショットの写真。すごく仲が良さそうに見えた

舞「…あの先輩」

翔「ん?」

舞「翔先輩のお母さんから聞いたんですけど…」

翔「うん」

舞「昔付き合ってた女の子がいたって…」

翔「聞いたんだ」

舞「ご、ごめんなさい!でも気になってしまって…」

翔「…僕にはね未来っていう彼女がいたんだ」

舞「…」

翔「彼女はデートの帰りに僕の誕生日プレゼントを買うために寄り道して、交通事故にあって死んでしまったんだ」

舞「えっ…」

翔「心臓が潰れて即死だったそうだよ」

舞「そんな…」

翔「彼女は僕の誕生日プレゼントを買うために死んでしまった…その事が悔やんでも悔やみきれなかったよ」

舞「そんなの翔先輩のせいじゃ…」

翔「きっと未来もそう言っただろうね。でもそうでもしないと未来の死を受け止めきれないんだ」

舞「未来さんはきっと翔先輩に幸せになって欲しい。前を向いて欲しいと思ってますよ!」

翔「…うんそうだね。そろそろ僕も吹っ切らないとね」

舞「あ、ごめんなさい!何も知らないのに…」

翔「大丈夫だよ。今日はありがとう。もう遅いし今日は帰った方がいいよ」

舞「はい。それじゃあ失礼します」

翔「また学校でね。バイバイ」

舞「また学校で」

リビングに降りて

翔の母「今日はありがとう」

舞「いえ、こちらこそありがとうございました」

翔の母「いつでもまたいらっしゃい」

舞「はい。失礼します」

-舞の退室後-

翔「はぁ…やっぱり僕は舞ちゃんの事未来と重ねているのかな…」

でも、そんなの未来にも舞ちゃんにも失礼だ…

翔「でも僕は…舞ちゃんの事…未来よりもずっと…」

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く