話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第14話

先生、拓夢、男子A、B「ただいまー」

一同「おかえりー」

男子A「疲れたー」

男子B「クラス全員分持たせれてたからな…」

先生「力仕事は若いやつがやるべきだからな」

拓夢「先生もまだ若いですよ」

先生「でも年齢的にはお前らの方が若いだろだから重いのはお前らな」

拓夢「まあそうですね」

舞「何買ってきたの?」

男子A、B「こんな感じです」

袋の中を見せて

舞「結構いっぱい買ってきたんだね!」

男子A「疲れましたよ」

舞「そっかそっか。お疲れ様!」

男子B「ありがとうございます」

舞「あ、敬語とかいらないからね!」

男子A「あ、本当?」

舞「うん!名前も舞でいいからね!」

男子B「わかった」

舞「じゃあそろそろ打ち上げやりますかー!」

クラス一同「いぇーい!」

拓夢「お前ら俺がいなくても仲良くなれてんじゃん」

男子A「なんか仲良くなれちゃった」

男子B「だよな。凄いコミュ力だ」

男子A「だな」

先生「みんなコップ持ったかー?」

クラス一同「はーい!」

先生「それじゃあ。えー1位になれたのもみんなで精一杯練習したおかげだと思う。本当みなよく頑張ったな。体育祭お疲れ様でしたー」

クラス一同「お疲れ様でしたー!」

先生「じゃああとは好き勝手しろー」

クラス一同「はーい」

-数時間後-

先生「そろそろお開きにするぞー」

クラス一同「はーい」

舞「桃ー帰ろー」

桃「おーう」

舞「じゃあみんなバイバイ!」

クラス一同「バイバイ!」

桃「楽しかったね!」

舞「ね!ビンゴ大会とかカラオケとか王様ゲームとか本当楽しかった!」

桃「ね!てか舞歌上手いよね」

舞「えっ!?そんな事ないよ!」

桃「みんな上手いって言ってたじゃん!」

舞「いやいや」

桃「それに90点以上めっちゃ出すしー」

舞「本当低いって」

桃「うわー嫌味ー」

舞「違うってー」

桃「あ、家着いたね」

舞「あ、本当だ」

桃「じゃあ火曜日にね!」

舞「うん!バイバイ!」

桃「バイバイー」

あ、先輩にLINEしよ

《先輩!こんばんは!今日の体育祭お疲れ様でしたー!お互い学年で1位になれてよかったですね!》

送信っと…

-数分後-

ピロン

《こんばんは。体育祭お疲れ様。そうだね舞ちゃんも活躍してたしね。》

《そんな事ないですよ!》

ピロン

《凄い活躍してたよ。打ち上げの時舞ちゃんの事話題になってたし》

《えっ!?そうなんですか!?》

ピロン

《うん。2年に今年転入してきた可愛い女の子が凄い活躍してたよなーって》

《そんな事言われてたんですか!?》

ピロン

《うん。舞ちゃんの所は打ち上げした?》

《しましたよ!先生の自腹でやりました!》

ピロン

《へぇー凄いね。どんな事したの?》

《ビンゴ大会とカラオケと王様ゲームしましたよ!》

ピロン

《楽しそうだね》

《はい!凄い楽しかったです!》

ピロン

《じゃあ僕寝るね》

《はい!私も寝ます!》

ピロン

《そっかじゃあおやすみ》

《おやすみなさい!》

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く