話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第9話

-体育祭当日-

舞「おはよー!」

拓夢「おはよー」

舞「ついに体育祭だね!」

拓夢「楽しみだな」

舞「うん!」

拓夢「椅子外に持っていこうか」

舞「うん!」

-校庭-

舞「2組ってここー?」

拓夢「そこー」

舞「じゃあこの辺かな…」

翔「あ、舞ちゃんおはよう」

舞「あ、先輩!おはようございます!」

翔「席近いね」

舞「そうですね!」

真弓「あ、舞ちゃんーおはようー」

舞「真弓先輩!おはようございます」

真弓「翔がその辺なら…私はここかな…?」

拓夢「舞!」

舞「ん?どうしたの?」

拓夢「先生がみんな集めろだってだから行こうぜ」

舞「うん!先輩達も一緒に行きましょう!」

翔「うん。真弓さん行こう」

真弓「うん!」

-数分後-

先生「んじゃあ体育祭の前の説明はこれで終わりだ。じゃあ存分に楽しめよ」

生徒一同「はい!」

拓夢「舞!席に戻ろうぜもう出席確認してるみたいだし」

舞「あ、本当だ。戻ろうか」

拓夢「おう」

アナウンス「これから開会式を始めます。皆さん入場門に移動してください」

舞「みんなー。1列に並んでー!」

拓夢「ほら!そこ!ちゃんと並べよ!」

アナウンス「それでは生徒が入場します」

ピーピッ

-数分後-

アナウンス「これより第69回体育祭開会式を行います一同礼」

-数分後-

アナウンス「これで第69回体育祭開会式を終わります一同礼。生徒の皆さんは自席に戻ってください」

舞「ふー開会式終わったー」

拓夢「校長の話長かったなー」

舞「だよね!」

真弓「舞ちゃん!1年生の種目始まるから教室行こう!」

舞「はい!じゃあまた後でね!」

拓夢「おう!」

-教室-

真弓「ふー…間に合った…」

舞「よかった!」

真弓「じゃあ得点計算していこうか」

舞「はい!」

-数分後-

真弓「舞ちゃん…あのさ…」

舞「なんですか?」

真弓「舞ちゃんって好きな人いる…?」

舞「えっ…いないですよ」

真弓「そうなんだ」

舞「なんでですか?」

真弓「私さ…翔の事がずっと前から好きでさ…」

舞「えっ…」

真弓「もし舞ちゃんが翔の事好きだったらどうしようって思ったんだけど違ったんならよかった」

舞「そうなんですか…」

真弓「でも舞ちゃんに好きな人がいないなんてもったいないなー」

舞「えっ?」

真弓「だって舞ちゃんすごく可愛いじゃんうちの学年でも舞ちゃんの事狙ってる男子いるんだよ?」

舞「そ、そうなんですか!?」

真弓「そうだよ!だからもし舞ちゃんが翔の事好きだったら絶対取られるって思って聞いたんだけどよかったー!もしよかったら応援してくれない?」

舞「も、もちろんしますよ!」

真弓「ありがとう!もし舞ちゃんに好きな人出来たら私も応援するね!」

舞「ありがとうございます…」

やっぱり真弓先輩翔先輩の事好きだったんだ…どうしよう…

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く