話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第7話

-体育祭まであと3日-

舞「スローガン旗完成!」

部長「大変だったねぇー」

桃「ですねー」

部長「じゃあこれは隅っこの方に置いとこう」

部員一同「はーい」

部長「じゃあこれで解散ーお疲れ様でしたー」

部員一同「ありがとうございました」

翔「舞ちゃん」

舞「はい?」

翔「今日も一緒に帰れるかな?」

舞「はい!いいですよ!」

翔「よかった。じゃあ帰ろうか」

舞「はい!」

-下校中-

舞「翔先輩」

翔「どうしたの?」

舞「なんで最近一緒に帰ろうって誘ってくれるんですか?」

翔「えっ…それは…」

舞「先輩?」

翔「さ、最近ここら辺痴漢が出るって言われてて…」

舞ちゃんが拓夢くんと帰ってるのを見てモヤモヤしたからなんて言えない……

舞「心配してくれたんですか…?」

翔「うん」

舞「ありがとうございます」

翔「いえいえ」

舞「あ、もう家着いちゃった」

翔「舞ちゃんの家近いからね」

舞「はい…もうちょっと先輩と一緒にいたかったのに…(ボソッ)」

翔「えっ?」

舞「な、何でもないです!送ってくれてありがとうございました!」

翔「あ、舞ちゃん!」

舞「はい?なんですか?」

翔「舞ちゃんってLINEやってる?」

舞「やってますよ」

翔「じゃあLINE交換しない?」

舞「えっいいんですか?」

翔「うん。美術部の事とか連絡したりしなきゃいけないしね」

舞「わかりました!」

翔「それ、僕のアカウントだから」

舞「はい!」

翔「うん。引き止めてごめんね」

舞「大丈夫ですよ!」

翔「じゃあまた明日ね」

舞「はい!さようなら!」

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く