話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第4話

-学活-

舞「昨日実行委員で体育祭のスローガンを決めてこいと言われたので今からスローガンを決めたいと思います!」

拓夢「何かいい案ないか?」

男子A「正々堂々と競い合い、友情を深め、青春の1ページを刻むとかどう?」

舞「いいねー!他にありますか?」

拓夢「なければこれにするけど…」

クラス一同「…」

舞「なさそうだしこれに決定しまーす」

拓夢「案外あっさり決まったな…」

-数日後-

先生「じゃあ今年の体育祭のスローガンは正々堂々と競い合い、友情を深め、青春の1ページを刻むになった」

舞「うちのクラスの選ばれたね…」

拓夢「だな…適当に決めたのにな…」

翔「舞ちゃんのクラスのスローガンになったね」

舞「適当に決めたんですけどね…」

翔「そうなんだ」

先生「じゃあ今日は解散また後日集まりがあるから忘れないように」

生徒一同「はーい」

先生「あー、鈴木と本条こっちに来い」

舞、翔「なんですか?」

先生「本条は今年入ってきたばっかだからわかんないかもしれないがお前ら美術部には今年もスローガンの旗書いてもらうから今日部活あるならちゃっちゃっとデザイン考えとけよ」

翔「わかりました」

先生「じゃあ頑張れよ」

舞「はい!」

翔「舞ちゃん一緒に部室行こうか」

舞「はい!」

-部室-

部長「という訳で体育祭のスローガンが決まったようなので制作に入りたいと思います!まずみんなで旗のデザインを考えたいと思います!じゃあとりあえず20分時間とるからみんなデザイン考えてねー」

部員一同「はーい」

-20分後-

部長「みんなできた?」

部員A「まあまあですが…」

部長「じゃあみんなの絵見て誰の絵がいいのか投票しよう!」

-数分後-

部長「投票の結果……鈴木くんのデザインに決定しましたー!」

舞「翔先輩おめでとうございます!」

翔「ありがとう舞ちゃん」

部長「じゃあ今年は鈴木くん中心に旗作りを進めようか!」

翔「わかりました。じゃあ今からみんなで旗に下書きしていきます。デザインの紙はコピーして来るのでその間はみんなで役割分担しておいてください」

ガラガラ

部長「じゃあ舞ちゃん、桃ちゃん、鈴木くんは色塗り担当になってもらって…」

舞、桃「はい!」

舞「やったね桃!」

桃「うん!」

ガラガラ

翔「みんな分担できた?」

舞「はい!」

翔「じゃあ早速作業に取り掛かろう」

部員一同「はい!」

-1時間後-

部長「じゃあ今日はここら辺にします!みんな道具片付けてー」

部員一同「はーい!」

みんな片付ける

部長「じゃあ今日は解散!ありがとうございましたー」

部員一同「ありがとうございました!」

こんな感じで放課後美術部で残る事が多くなった。

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く