話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好きだよ

第3話

学級委員「そろそろ体育祭が近づいているので実行委員を決めたいと思います」

クラス一同「おおー!」

学級委員「男子1人女子1人なんですが誰かやりたい人いませんか?」

舞「はい!私やりたいです!」

学級委員「他にやりたい人がいなければ本条さんになりますが皆さんいいですか?」

クラス一同「いいと思いまーす」

学級委員「じゃあ女子の実行委員は本条さんに決定です」

パチパチパチ(拍手)

学級委員「では、男子の学級委員を決めたいと思います誰かやりたい人いますか?」

拓夢「俺やりたい!」

彼は斎藤 拓夢(さいとう たくむ)クラスの中ではリーダー的存在ですごく明る男の子なんだ

学級委員「斎藤くんでいいですか?」

クラス一同「拓夢でいいと思いまーす」

学級委員「では実行委員はこの2人で決定です。今日は実行委員の顔合わせがあるので2人とも行ってくださいね」

舞、拓夢「わかりました!」

-放課後-

拓夢「本条!一緒に実行委員会行こうよ!」

舞「あ、斎藤くんいいよ!」

拓夢「あ、俺の事は拓夢でいいよ」

舞「じゃあ私の事も舞でいいよ」

拓夢「わかった!じゃあ舞行こうか」

舞「うん!」

拓夢「舞今年入ってきたばっかなのによく実行委員やろうと思ったな」

舞「こうゆうのってみんなやりたがらないんだろうなって思ったし、1回でもいいからやってみたかったんだよねー」

拓夢「じゃあやれてよかったな!」

舞「うん!」

教室に到着

舞、拓夢「失礼します」

翔「あ、舞ちゃん!」

舞「翔先輩!翔先輩も実行委員やるんですか!?」

翔「うん、実行委員って面白そうだしやってみたいなって思ったんだ」

舞「私と一緒ですね!」

拓夢「本条この人は…?」

舞「あ、この人はね!美術部の先輩の鈴木 翔先輩!すごく絵が上手いんだ!」

拓夢「へぇーそうなんだ!」

翔「そんな事ないよ」

舞「で!こっちが私と同じクラスの斎藤 拓夢くんです!」

翔「拓夢くんよろしくね」

拓夢「よろしくお願いします」

ガラガラ

先生「全員いるかー?」

翔「あ、まだ僕のクラスの真弓さんが来てないです」

先生「あいつまたどっかで迷ってんのか?」

翔「さぁ…」

真弓「すいません!遅れました!」

先生「おっ噂をすれば…」

翔「真弓さん!こっちだよ」

真弓「あ、翔!遅くなってごめんね!迷子になったちゃって…」

翔「全然大丈夫だよ」

しょ、翔!?下の名前しかも呼び捨て!?仲いいのかな…?

先生「んじゃまずは自己紹介からしていこうじゃあ3年から」

自己紹介をしていく

翔「3年4組の鈴木 翔ですよろしくお願いします」

真弓「同じく、3年4組原 真弓ですよろしくお願いします」

自己紹介をしていく

拓夢「2年2組の斎藤 拓夢ですよろしくお願いします!」

舞「同じく、2年2組の本条 舞です!よろしくお願いします!」

自己紹介をしていく

先生「じゃあ自己紹介も済んだところで、実行委員には明日各クラススローガンを考えてもらうから、明日の学活スローガンを決めておいてくれー」

生徒一同「わかりました」

先生「じゃあ今日はこれで終了ー解散ー」

拓夢「舞!一緒に帰ろうぜ!」

舞「え、あ、うん!」

翔「舞ちゃん!」

舞「はい!なんですか?」

翔「また明日ね」

舞「はい!」

真弓「翔ー一緒に帰ろー」

翔「いいよ」

ムッとする

拓夢「舞?」

舞「あ、何でもない!帰ろう!」

拓夢「おう」

この時はこの先何があるのかをまだ私は予想すらしていなかった

「好きだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く