恋死の高校生活

山木 美涼介

8話 防衛作戦

「やっと部活行けるぜー!」

雄一は満面に笑みを浮かべながら部活に向かおうとする。

「あ、雄一、少し頼みがあるんだけど、、、」

俺は雄一の腕をつかみ、引き留めながら言った。

「なんだ?タクト」

「、、、美香と一緒に部活行ってくれないか?
その、、、部活に行っても、絶対に美香から目を離さないでほしい」

俺は頭を下げてお願いした。

「お、おい、どーゆーことだよ。
それじゃあ俺、、、ただのストーカーじゃねーか、、、」

雄一はおかしそうに俺を見つめる。

「頼む!この通りだ!」

、、、美香を守るためだ!
そうは言えなかった。
どうせ、俺には未来がわかると言っても、いくら仲の良い雄一でも信じてはくれないだろう。

だから頭を下げて頼むしかできなかった。

「わ、、、わかったよ、そこまで言うなら」

雄一は困ったようにそう言った。

「ありがとう!本当にごめん!
訳は、、、その、また後で話すから」

「おう」

そう言うと、雄一は、美香を誘って一緒に部活に行った。

、、、こうするしかなかった。
一番は、事情を知ってる俺が美香と一緒に部活に行き、ずっとそばで警護しておくのが得策だった。
でも、そうもいかない。

美香を守るのが一番の目的だが、それだけだと俺が殺された事件の謎が解けない。

だから、美香のことは雄一に任せて、俺はこの教室で待ち伏せて、犯人が来るのを待つことにした。

とても不安だが、それくらいしか犯人を知る方法はない。

、、、やるしかない。
俺は本当ならもう死んでいるはずの人間。
生きているのは、きっと、神様からの願いがたくされたからだ。
犯人を見つけること、
未来を変えることを。

「あ、久美子!」

俺はとっさに思い出した。

「なに?タクトー」

「俺のこと、松下先輩が探してた?」

「え、いや、知らないけど。
どしたの?急に」

、、、そうか。

「いや、なんでもない、ありがとう久美子」

久美子は、不思議そうな顔をしながら部活に向かった。

(じゃあ、松下先輩が俺を探してたのを久美子が見たのは、放課後か、、、)

でも、久美子はずっと体育館にいたため、部活中には松下先輩に会っていないはず。

となると、久美子が、松下先輩が俺を探していたのを見たのは、今から、部活に行くまでの間。

(やっぱり、美香の監禁と同じような時間。)

きっと何か関係があるに違いない。

そうこうしている内に、教室には俺だけになった。
誰もいない教室というのは、不思議なものだ。

いつもはうるさいくらいにぎやかな教室が、今は心細く感じるほど静か。

これから俺と美香を殺した犯人が来ると思うと、胸が締め付けられるように痛む。

もう教室から出て逃げだそうと思った。
でも、そうはいかない。

俺は覚悟を決めた。

この手で、自分を殺した犯人を見つけ出してみせる!

ついに、俺しか知らない戦争が始まる。




次回、いよいよタクトを殺した犯人が明らかになります!
果たしてタクトは、美香を守り、戦いに勝つことはできるのか?!

これからも、安定した投稿を行うつもりなので、ぜひ、フォローやお気に入り作品登録をお願いします!

「恋死の高校生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く