恋死の高校生活

山木 美涼介

6話 これが現実

大切な人が死んだ。
そう思ってたら生きてた。
現実か夢かわからない。
夢なら松下先輩からの告白はなかったことに。
でも、告白されたときの胸の熱さは実感したように
覚えているし、男に鉄の棒で殴られたときの痛みも
体中が覚えていると言っている。

「ったく、何なんだよ、もう、、、」

疲れが溜まっているせいか、ため息がいつもより
たくさん出る。

美香が生きていることが何より夢であるということを
語っているので、今は全部夢だったと捉えている。

夢と同じように、美香と一緒に登校してきたことに、
男共から強い視線を浴びた。

もちろん、雄一にもひどく罰せられた。

が、今日このクラスに転校生がくるという話を
されたときは、とても驚いた。

(おいおい、、、どこまで正夢なんだよ、、、)

「はーい、皆さん、静かにしてくださーい」

担任の先生が手拍子で注目を集めた。
もし、その転校生が夢で見たあの男の子なら、、、
それはもはや偶然ではないと思う。

「今日は転校生を紹介しまーす」

胸の高鳴りが、喜びではない緊張が俺の何かを
締め付ける。

山下英利やましたひでと君でーす」

!!

、、、あの子だ。
背が高く痩せている、顔も同じ。

(やっぱ、夢じゃなかったんだ)

俺は、このことでそう確信した。

でも、夢じゃなかったということはつまり、、、どういうことなんだ?

俺は頭をフル回転させて様々なことを考えてみるが、まったく状況が飲み込めない。

(もしかしたら、、、)

俺は、一つの結論にたどり着いた。

(、、、ループ!)

昔、親父の知り合いの博士から聞いたことがあった。
死んだとき、とても大きな衝撃を受けると、ごくまれに「死に戻り」というループが起こるのだ。

もし俺がそのループに巻き込まれてたとしたら、、、全く同じことが2回起こっていることにも想像がつく。

でも、本当にそんなことが現実で起こるのか?

あまりのも信じられないが、それしか考えられないので、とりあえずはこれを結論とした。

もしそうだとしたら、、、
もし死ぬ前の世界と同じことが起こるてしたら、、、その先は考えただけでわかった。

俺が、、、
俺が美香を救ってみせる!!

「恋死の高校生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く