話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

背後の記憶

今。





忘れられないんだよ。
好きなんだよ。
全てが遅かった。
タイミングが全部悪かった。

そうやっていい続けて僕がいる。
判断するタイミングも好きになったタイミングも。

こうなってしまったのも

全てをタイミングのせいにした。

狡い。狡い僕だ。



「背後の記憶」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く