生産師~生産系スキルだけで異世界最強~

danki

異世界

そうして転移してきた俺は今、白を基調とした場所にいた

「ここどこだよ!」


「落ち着いてください」

知らない女性からの声がした

「申し遅れました私はこの国、アルフ王国第2王女の
スミーラ・ド・アルフですよろしくお願いします」

王女だったのだてゆうか王女ここに来ちゃダメでしょ
もし俺たちが子悪党だったらどうすんだよ


「あのいいですか、なぜ僕達はここに呼ばれたん
ですか」

「そうだ何で俺達が呼ばれなくちゃいけないんだ」   

ここで豪気と武が王女に話しかけた

「それはもっと落ち着いた場所で話しませんか」

「解りました」

「それではこちらにどうぞ」

王女が案内をしてくれるらしいそして案内されている途中で武たちが話しかけできた

「なぁ、友也」

「なんだ武」

「俺たちこれからどうなると思う」

「わからない」

いや実は何となく予測はできていた、それはテンプレ
どうりの魔王討伐ではないことが、実はさっき兵士の目を見たが憐れむような目をしていた、たぶんこれは戦争とか下らないことで呼び出された感じだと考えている、はたまた魔王討伐させたうえで戦争にもさださせるつもりだとも考えられる。
そんな事を考えていたら話をする部屋に着いた。

「こちらが会議室です、ここで話をします」

中に入るとデカイ机と大量の椅子があった

「まずはお掛けください」

次々とクラスメイトが座りだしたそして全員が座り終えると王女が話始めたのだった

「生産師~生産系スキルだけで異世界最強~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く