ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?

蒼山 響

王女登場!


やっぱり戦闘描写は上手く書けませんね…

新作の小説、投稿しました!是非見てください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日もリア達と別行動でギルドに行った俺は、昨日手に入れた黒羅と黒韋を馴染ませるためにオークの討伐クエストを受けることにする。

受付にクエストの受注をしてもらいに行くと、ラルエさんが忙しそうに仕事をしていた。

「おはようございます、ラルエさん」

「あ、おはようございます、カズマさん…って何ですかそのカッコいい姿は!」

ラルエさんは仕事を中断して、興奮ぎみに聞いてくる。

「新しい武器と装備なんですけど、似合いますかね?」

「似合います似合います!ものすごくカッコいいです!」

どうやらこの服装は女性には好評みたいだな。褒めてもらって嬉しかったが、本来の目的を思い出す。

「ラルエさん、このオークの討伐クエスト受けたいんですけど」

「はい、受注しました。討伐数は10体となっています。カズマさんなら大丈夫だとは思いますけど、気を付けてくださいね」

「わかってますよ」

女性に心配されながら見送られるって、何か夫婦みたいだな。

そう思っていると、ラルエさんが顔を真っ赤にしていることに気づく。

「そそそそ、そのカズマさん!いい、今夫婦って…」

しまったー!思わず口に出してた。恥ずかしい…

「ラララ、ラルエさん!い、今のは口が滑ったといいますか…」

「そ、そうですよね!私なんかじゃダメですよね」

「いやいや!ラルエさんはとても魅力的な女性ですよ!俺が保証します!」

「本当ですか…?」

ラルエさんは涙目になりながら上目遣いで聞いてきた。

ぐはっ!女性の泣き顔×上目遣いは、年齢=彼女いない歴の俺には大ダメージだ。

「はい、ラルエさんは美人ですから、自信を持ってください。」

「わ、わかりました。カズマさんにそう言って頂くと自信が出てきました」

ラルエさんは目に溜まった涙を拭くと、クエストに行く俺を気持ちよく送り出してくれた。

森に着くと魔物の気配を探知するために魔力を集中させる。すると右方100メートル先ぐらいに魔物の気配を感じる。オークなのかは分からないが、行ってみるしかない。

気配のあった場所に着いてみると、オークの集団が馬車を襲っているところだった。馬車の回りでは護衛のような人達がオークと戦っていた。

「私も一緒に戦います!」

「姫様は今、魔力切れなのですから馬車の中でお隠れになっていてください!」

「けど…」

「姫様に何かあったら国民は悲しみます!」

「私が死んでも別に…」

「姫様!」

何やら話しているが、どんどん追い込まれている。姫様と言っているから王族なのだろう。正直あまり面倒事には関わりたくはないが、見過ごすわけにはいかないな。オークの数は30ほど、倒せない数じゃない。あれほどの数なら黒羅の試し斬りにも困らないだろうし。

草むらから飛び出して一番近くにいたオークをまるで豆腐を切ったかのような感じで斬り捨てる。

通常オークやゴブリンの肉は固く食用に向いていなくて、刀で斬るよりも剣で叩き斬るように倒しすのがセオリーなのだが、この刀は何ら抵抗もなく斬ることが出来た。

俺が刀の斬れ味に感心していると、護衛の女性が話しかけてくる。

「あ、貴方は…?」

「通りすがりの冒険者ですよ。話している暇はありません。援護します」

「あ、有難うございます!」

話している最中にもオークは襲いかかってくるが、俺はそれを刀を横にふって真っ二つにする。他にも護衛に襲いかかっているオークには遠距離からの火魔法で倒す。

すると数分後には、俺たちの周りにはオークの死骸のみが転がっていた。流石にオーク30体の死骸となると気持ち悪いな。俺は30体全てを空間収納に仕舞っておいた。

「あ、あの!」

ん?呼ばれて振り返ると、先程話した護衛の女性がいた。

「私はエステアル王国騎士団隊長のステラ‐バーリルと申します。この度の助太刀感謝します」

「いえ、気にしないでください。自分もオークには用がありましたから」

「しかし、何か礼をさせて頂きたいのですが…」

「本当に気にしないでください。では、これで」

面倒事になる前に俺はその女性の言葉を遮って森の中へと走っていく。

別に悪い人では無さそうだが王族がらみで面倒くさくなりそうだし目立ちたくない俺はさっさとその場を去ることにした。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



私の名前はエステアル王国の第二王女リアス‐エステアルです。今日は魔法の特訓のために魔物を倒しに騎士団の皆さんと森の中へと向かいました。

特訓でゴブリンやスライム、ブラックバッドを倒した私はほとんど魔力が残っていませんでした。魔力の量には自信がありましたが、流石に30体もの魔物を倒したら限界でした。

魔力切れの私は馬車の中で横になって休んでいました。すると、数分後にステラがオークの集団を見つけたと言っていました。

オークの集団は私達の帰り道の真ん中に居たことから、戦闘は回避できなくて戦うことを余儀なくされました。

オークの数は最初は50近くおり、いくら騎士団の皆さんでも5人しかいないのでは数の暴力により、次第に劣勢になっていきました。

私も力になろうと馬車の外に出ようとしましたが、魔力切れの私はステラに馬車の中で隠れているように言われてしまいました。

隠れているしかない私は助けを求めるしかやることがありませんでした。

私は昔から勇者のような女性を命を懸けて守ってくれる男性に憧れていました。

しかし男性が少数なこの世界で、男性は自分が偉いみたいな考えがあるので、女性を命を懸けて守ってくれるような男性は空想の存在に近かったのです。

それでも私は祈るしかありませんでした。

「お願いします。私達をお助け下さい勇者様」

そんな祈りも悲しく騎士団の皆さんが追い詰められていきます。私はどうせ死ぬなら王女らしく国民を守って死のうと思いました。

そう覚悟して、ステラ達の援護に向かおうと馬車の外に出ようとしたその時に、その人はやって来ました。

黒色のコートとマントを身に纏っており、黒く光輝く刀を片手に持った黒髪の男性でした。

男性は目で追えない程の速さで斬っていきました。ものの数分たったら、騎士団の方も苦戦していたオーク達を一人で倒してしまったのです。

私は驚きました。その強さにもですが、男性が冒険者をやっていることに驚きました。男性が冒険者をすることは少なくて、大体が商人か貴族になるのが当たり前です。

そして、私が一番驚いたのが男性のその人が、女性を命を懸けて守ってくれた事です。

私は思いました。あの男性にお礼を言いたい、話をしたい。そう思い男性に会うために馬車の外に出ようとすると、男性はステラと二言程話すと森の中へと走って行ってしまいました。

私は悲しく思いました。まだお礼すら言えていません。けれど、私は必ず会いに行きます。会ってお礼を言います。

そして、同時に女性を命を懸けて守ってくれるあの男性に私は心惹かれていました。

「待っていてください。勇者様…」




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やっとヒロイン一人目を出せました…。えっ、リア達はヒロインじゃないのかだって?あの3人はサブヒロインですね。けれど、あの3人をこれからも話に出していく場面もありますので、リア達のファンの方も第1章が終わっても是非見続けて下さると嬉しいです。(このコメントはちょっとネタバレになっていますかね?)

「ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く