ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?

蒼山 響

第1章 相棒との出会い


主人公の装備の強さに迷いました。

今回も楽しんで下さると有り難いです!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

クエストを終わらせた俺は早速、ギルドに報告しに行くことにした。

ギルドの中に入ると朝、クエストを受けに来たときにはいなかったいつもの受付の女性がいた。

「カズマさん!どうかしましたか?」

「クエストの報告に来たんだけど」

「もうクエストを受けに来られてたんですか!?」

「そうだけど…」

「くっ!もっと早く出勤していれば…」

何か、拳を握りながらぶつぶつ喋っているが声が小さくて聞こえないのでスルーだ。

「後、、魔物の買い取りもお願いします」

「は、はい!魔物の買い取りですね」

俺はゴブリンとゴブリンキングの棍棒を受付に出す。

「あれ?クエストはゴブリン5体の討伐になっていますが」

「はい、余分に倒してしまったので」

「成る程、では余ったゴブリンの買い取りもしますか?」

「お願いします」

「はい、ではこちらのゴブリンの買い取りは…」

そこまで言うと女性が固まってしまった。ゴブリンキングは討伐ランクAだから驚くのも当然だがな。

「えーと、カズマさん?私もカズマさんがオーガ倒したのを見て、ある程度の事では驚かないつもりでいたのですが…」

「どうかしました?」

「いやいや!『どうかしましたか?』のレベルじゃないですよこれ!ゴブリンキングですよ!討伐レベルAの魔物ですよ!何当たり前のようにしているんですか!?」

女性がそう叫ぶから、ギルド内の冒険者がこちらを見て何やら話し込んでいた。

目立つのは嫌だから余り大声で喋らないで欲しいところだが、確かに2日連続でこんな高レベルの魔物を倒したら怒りたくもなるのだろう。

「重ね重ねすみません?」

「えーと、少し落ち着く時間を下さい。と、取り敢えずカズマさんには絶対にギルド長と会っていただかないといけないので」

余り目立ちたくないんだけどな。最悪、当日隠れて逃ることも選択に入れとこう。

「それって絶対ですか?」

「これほどの功績なんですから、会わないわけにはいけません。それと当日、サボろうだなんて考えてませんよね?ギルドカードで何処にいるかわかりますからね」

「い、嫌だなー、そんなこと考えるわけないじゃないですかー」

なぜわかったか怖いが、女性の勘は鋭い事を学んだ。

「それとギルド長に会って頂く日にちですが、ギルド長が収穫祭に出席するために前日に戻ってくるので、その時に会って頂くので、収穫祭の前日には必ずギルドに来て下さい」

「わかりました…」

これはもう、会う事は確定みたいだ。せめてスキルの事は気づかれないようにしないといけなくなってしまった。

「そしてこれがキングゴブリンの買い取り金額になります」

俺は金貨10枚を受け取って“空間収納”の中に収納していると、ふと気付いたように受付の女性が聞いてくる。

「そういえば、今日はリアさん達と一緒ではないんですか?」

「今日は、3人がDランクのクエストに行くと言っていたので、俺は参加できなかったんですよ」

「カズマさんはFランクですからね。ゴブリンキング倒していますけどね…」

俺は女性の言葉を苦笑いで返すしかなかった。すると受付の女性が『3人がいない今日なら誘える!』とかぶつぶつ呟いていたが覚悟を決めたように話しかけてきて自己紹介をしてくる。

「私、ラルエって言います!この後、時間有ったら、ご飯なんてどうですか?」

俺は人生で初めてデートの誘いを受けてどう返答しようか迷っていたが、今日は断って後日一緒に出掛けることにする。

すると、ラルエさんは今日行けない事を聞いて人生の終わりのような顔をしていたが、後日行く話をすると笑顔になる。

その後に俺は武器を揃えるために武器屋の場所を聞くと、元Sランクの冒険者がやっている武器屋を紹介してもらった。

紹介された店の前に着くと、そこにはいかにも熟練の職人がいるような感じの店が建っていた。

中に入ってみると、女性が一人いるだけだった。店構えから男性がやっていると思っていたので少し驚く。

「いらっしゃいませ、武器はご自由に見ていってください」

俺は、数ある武器の中から剣を手にとって素振りをしてみた。西洋剣も戦えないこともないが、やっぱり使い慣れた刀のほうが使いやすかった。辺りを見回してみると刀は1つしかなくて、それを手にとって鑑定してみる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名前:鉄刀

ランクC

能力:無し

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(能力もない普通の刀だな)

本音を言えば、もう少し良い刀が欲しかったが、他に無さそうなので、これを買うことにする。

ちなみに武器ランクは冒険者ランクと同じで、最高がSSランクで一番下がFランクらしい。

俺は刀を持って、店員らしき女性のところに向かって買おうとすると、女性に少し待っていてくれと言われた。

しばらく待っていると、奥から鍛冶職人らしき一人の男性が出てきた。

(この男、中々強いな)

俺は鑑定を使って、その男を見てみる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名前:ラスティル LV75

種族:人間

体力:1600
魔力:1000
筋力:1800
耐久:1400
俊敏:1200

適正魔法
〔地魔法〕

スキル
〔筋力強化〕〔錬成〕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(この男が、元Sランク冒険者だったのか)

ステータスは元Sランク冒険者なだけはある。今まで見てきた中で一番強いステータスだった。

「お前か?エリネスが言う、見込みのある男って言うのは」

男は急にそんな事を言い出すが、俺は別に普通に買い物をしていただけなので、何を言っているか分からない。

「どういう事ですか?」

「すまん、説明が足りなかったな。実は、俺は貴族の男が大嫌いでよ。あいつらは、武器を買っても飾って観賞用にするだけで、戦闘に使わねぇ。武器ってのは持ち主の命を預ける物だからよ、使わずに飾るだけの奴に売りたくねぇんだ。お前も男だし貴族なのかと思ったら、どうやら冒険者みたいじゃねえか。腕も良さそうだし、俺の人生の中で最高傑作の武器をくれてやろうと思ってな」

確かに、貴族の男は周りから大切にされて戦闘なんてしないから、武器も宝石と同じで自慢するだけの物なのだろう。

「そんな大切な武器を貰っていいんですか?」

「ああ、男の冒険者なんて滅多にいないからな。それにお前の素振りを見たが、綺麗な剣筋をしていた。お前なら、あの刀も使いこなせると思ってな」

刀と聞いた瞬間、俺はその武器を貰うことを決めた。最初は良い刀が無くて期待外れだと思っていたが、元Sランク冒険者が造った刀なら期待できる。

すると、男は店の奥から黒い鞘に入った一本の刀を持ってきた。

俺は、その刀に鑑定を使ってみる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名前:黒羅

ランク:S

能力:〔状態異常回復〕〔魔力吸収〕〔絶斬〕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(他の刀とは比べ物にならない業物だな)

ランクSで能力が3つもある武器は初めて見たので、俺は既にその刀に興味を奪われていた。ちなみに〔絶斬〕とは、この刀よりもランクの低い魔物や武器、素材なら絶対に斬れるらしい。

「どうだ、俺の最高傑作だが貰うか?」

「勿論」

「いい返事だ、この刀はとんだじゃじゃ馬だから使いこなすのに苦労するぞ」

「俺が使いこなしてやるよ」

こうして俺は、相棒となる刀を手に入れることが出来た。男から刀を受け取って鞘から抜いてみると刀身は黒く光輝いている。

「そう言えば、自己紹介がまだだったな。俺の名前はラスティルだ。敬語じゃなくていいから気軽に話してくれ。これから何かあったら武器の事なら俺の所に来たら何とかしてやる」

「俺は一真だ。よろしく」

「カズマだな。俺の最高の武器をやったんだ、すぐ死ぬんじゃねえぞ!」

「当たり前だろ」

俺はラスティルと握手をした後、どこかいい服の装備が買える店がないかと聞くと、昔の仲間がやっているという装備屋を紹介して貰った。

今来ている服は、元いた世界の高校の制服なので、この機会に服を揃えようと思う。制服だと防御も薄いし、動きにくいからだ。

武器屋を出ると早速、教えて貰った店に向かった。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やっぱり武器といったら刀ですよね。

ちなみに主人公が武術の経験があると書いていますが、部活にも入っていない主人公が何故刀を使いこなせているかは、これからの話で明かしていく予定です。

「ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー234144

    (他の刀とは比べ物にならないなって)言ってるけど一つしかないじゃんwww

    0
コメントを書く