ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?

蒼山 響

第1章 スキル獲得!

登録者数が100超えました!

次は目指せ500!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ギルドを出た俺たちは、この国に滞在するために登録したギルドカードを門番の人に見せに行くことにした。

「そういえば、さっき倒したオーガはギルドで買い取りしてもらえないのか?」

「倒した魔物はギルドで売ることが出来ますね。ダンジョン内の宝箱などで、手に入れた武器は武器屋で売ったほうが高く売れますけど」

「ダンジョンなんてあるのか?」

「はい、この国を南に少し行った所にも1つありますよ」

ダンジョンがあるのか、レベル上げに行ってみてもいいな。

門番の近くに着くと、さっきの門番の女性がこちらに向かってきた。

「もしかして、ギルド登録出来なかったのか?なら、私の家に匿っても…」

「いえ、無事登録出来ましたよ」

「そ、そうか…」

男の俺が、女性の家に一人で泊まるなんて貞操の危機なので御勘弁願いたい。けして、女性と二人っきりが恥ずかしいからではない。チキンちゃうわ!

「ギルドカード登録してきたので見せに来ました」

「わかった、ふむふむ…よし、登録できているな。これでこの国には滞在できるから安心してくれ」

「わかりました」

これで無事終わったので、俺たちは先程倒したオーガの回収に行くことにした。

先程の場所に着くとオーガは変わらず死んだままだった。ゾンビになっていたら怖かったな。

「けれど、オーガの体が大きすぎてギルドまで運ぶのが大変ですね」

「とても私達では、持てません~」

「討伐部位とかないのか?」

「あるんですけど、オーガはこの国には生息していないので、どこの部位を持っていけばいいのか…」

「全部持っていければ一番いいんですけどね」

成る程な、俺のステータスなら不可能では無いが、俺もこのオーガを持って街中を歩きたくはないな…目立ちそうだし。

そんな事を考えていると、頭の中に声が鳴った。

『スキル〈空間収納〉を習得しました』

なんだ?何もしていないのに、スキルを習得したぞ。

謎に思いながら“空間収納”を発動すると、目の前に小さな空間の穴の様なものが現れた。

「わ!カズマさん“空間収納”のスキル持っていたんですか!?」

「凄いです!」

「そんなにレアなのか?」

「はい!“空間収納”持っている人なんてなかなかいないんですよ!」

レアスキルなのか。もしかして女神の加護のおかげかもしれないな。けれど、スキル獲得のタイミングが分からないのは、少し不便だな。

俺達は、オーガを“空間収納”を使って中に入れて、街に戻ることにした。

俺たちはギルドに着くと、先程と同じ受付の女性に話しかけた。けして、好みだったからではない。

「すみません、魔物の買い取りをしてほしいんですけど」

「さっきのイケメン…じゃなくて、はい買い取りですね。魔物を出してください」

俺はオーガを”空間収納“から出すと、女性が固まってしまった。確かに急にオーガ出されたら困るわな。

「えーと、これはもしかしたらオーガですよね?」

「はい」

「オーガだけでも驚きなんですけど、今“空間収納”使いました?」

「使いましたよ」

「えーーーー!何でそんな平然としているんですか!?オーガですよ!この地域に生息していなくて、討伐ランクBのオーガを倒したんですか!?」

「倒しましたね」

「しかも、レアスキルの“空間収納”まで持ってるし、チートじゃないですか…」

「な、なんかすみません?」

「取り敢えず、Fランクでオーガを倒したのは異常なので、ギルド長を呼んできますので、少し待っていてください」

きたーーー!異世界テンプレの1つ!最低ランクからの強敵倒してギルド長と会う、というテンプレ!

女性は二階に上がっていって、暫くすると1人で戻ってきた。

あれ、ギルド長は?

「すみません、ギルド長は出張で今居なくて、戻ってきたらまた呼びますので、今日はすみません…」

またかっ!またテンプレ殺しか!さっきに引き続きまたかよ!俺の予想していた異世界生活が崩れていく…

「あと、これはオーガの買い取り金になります」

そう言って女性は、金貨5枚を渡してきた。

「わかりました」

俺はお金を受けとると、ギルドを後にした。

「カズマさんはこれからどうする予定なんですか?」

「宿を決めにいこうと思っているよ」

「今の時期はどこも混んでいると思いますよ」

「何で?」

「実は丁度、1週間後に収穫祭があるので、それで外から人が来てるんですよ」

収穫祭なんてあるのか。俺はこの国で、ある程度レベルを上げたらこの国を出ていく予定なので、そこで他の国の情報を集めて、いく国を決めるのもいいかな。

しかし困ったな。宿が無いとなると野宿しかないが、この世界で男の俺が野宿は貞操の危機だからな…

「あっ、でも私達が泊まっている宿なら、まだ空きがあるかもしれません」

「3人が泊まっている宿?」

「はい、あそこは冒険者しか知らないような穴場なので、外から来た人は知らないので、もしかしたら空いているかも知れないです」

俺は、3人の泊まっている宿に行くことにした。

宿は街の中心地から離れていて、言われないと気づかないような場所にあった。

「すみませーん、まだ宿って空いてますか?」

「はい、空いてますよ。何人、泊まりますか?」

「こちらの男性1人です」

「男が1人でウチのような宿に泊まるなんて、珍しいですね」

「えぇ、色々ありまして」

「しかもイケメンじゃないですか!3人も中々やるじゃないですか」

「「「そ、そんな関係じゃありません!!」」」

「わ、わかりました」

そんなに強く否定されると泣きたくなってくるんだけどな…

「そ、そんな私とカズマさんが恋人だなんて…恐れ多くて」

「そうです!釣り合っていません」

「ふさわしくありません~」

どうせ俺は、3人のような美少女とは、釣り合いませんよ!

本当は、3人は自分が劣っていると思って言っているのだが、それに気づかない一真であった。

「何泊しますか?」

「取り敢えず、一週間で」

「わかりました、一泊につき銀貨2枚なので銀貨12枚になります」

「じゃあこれで」

「はい、金貨一枚ですね。お釣りの銀貨88枚です」

銀貨88枚はさすがに重いな…まぁ俺には“空間収納”があるからいいけど。

俺は部屋の鍵を受けとると、疲れたのですぐにベットに入った。ちなみにリア達の部屋はこの隣らしい。

「明日は、クエストでもやるか…」

色々あったけれど、無事異世界生活1日目が終わったのだった。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

テンプレ起こると思った?思ったでしょ(笑)残念でした~、起こりま…「殺すぞ」すみませんでした。許してください(土下座)

「ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く