ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?

蒼山 響

第1章 男女比率おかしくね?

今回から主人公モテモテだぜ(リア充はぜろ!)


______________________

「目がー、目がー!」

俺が神の間で目の前が真っ白になって、お決まりのネタをやって目を開けた瞬間、そこは森の中だった。

(こんなことやっている場合じゃないな、取り敢えず異世界に来たっぽいし、まずはステータスの確認をしますか)

『ステータス』

俺がそう唱えると目の前に透明なプレートのようなものが現れた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


名前: 孤堂 一真       LV1

種族:人間

体力: 4500
魔力:5000
筋力:5000
耐久:4500
俊敏:5500

適性魔法
〔火魔法〕〔水魔法〕〔地魔法〕〔光魔法〕〔闇魔法〕〔固有魔法〕

スキル
〔錬成〕〔隠蔽〕〔鑑定〕〔身体能力向上〕〔魔力向上〕〔縮地〕〔女神の加護〕



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と、なっているみたいだ。正直、このステータスが、この世界でどのくらい強いかが分からないのが現状である。

けれど〔女神の加護〕はどう考えてもチートだろうな。多分メリアが特別に与えてくれたのだろう。
その後、人を探すために森の中を歩いて回ることにした。

しばらく探していると、遠くから誰かが戦っている様な音が聞こえた。

(丁度いい、あの人達に聞こう)

そう考えると、俺は音がする方に走り出した。

俺が現場に着くとそこには、魔物らしき生き物と戦っている女の子3人が見えた。

(連携を組んでいるところから見て冒険者かな?)

女の子たちは、鬼のような魔物と戦っていたが防戦一方になっているようだった。

「くっ、こんなところにオーガが出るなんて聞いてないよ!」

「そんな事言ったて、戦うしかないでしょ!」

「もう魔力も切れそうです~!」

どうやら女の子は魔物に負けそうになっているみたいだ。

(丁度いい、あの3人を助けてお礼に情報を聞こう)

俺は、そう考えると魔物を倒すために飛び出した。
飛び出すとまず、俺は魔物の腹にパンチをくりだした。

これで倒されるとは思っていない俺は、相手の反撃に対応しようとしたが、魔物はそのまま木にぶっ飛んで倒れてしまった。

(えっ?一撃で倒せるの?)

3人で戦っていたから強いと思っていたのだが拍子抜けだった。

(それじゃあ、3人に話を聞きますか)

俺は、話を聞くために3人の方に顔を向けると、3人とも顔を赤らめてこちらを見ていた。

「男の人が見えるわ。これが走馬灯なのかしら」

「私にも見えるわ。こんな森の中に男がいるわけ無いのに」

「男の人です~!この幻覚は神様からのごほうびです~」

そんな事を言いながら、心ここにあらずな状態だった。

えっ、俺ついに影が薄すぎて幻覚は扱いされちゃったの?ショックで死にたいんだけど。

「えーと、ちょっと話を聞きたいんだけどいいかな?」

「会話が出来てますよ!凄い幻覚だわ!」

まだ幻覚扱い?くやしくなんか無いんだからね!ほんとだからね。
しかし、このままも困るのでいい加減話を聞きたいので、強制にでも話を聞かなければ。

「話を聞け!」

そう言って俺は、一人の頭を叩いた。

「痛っ!えっ、触れられている?もももも、もしかして現実!?」

「現実に決まっているだろ」

「でも、男の人がこんな森の中で一人でいるなんて…」

「さっきも言っていたが、男の人が森の中にいたらおかしいのか?」

「当たり前じゃないですか!この世界は男女の比率が1対9ぐらいなんですから!」

えーーっ!普通の異世界転生かと思ったら、まさかの
男子少数世界だったーーー!

「じゃあ、男が一人で森の中にいるのは…」

「今まで女の人に襲われなかったのが奇跡だったぐらいです」

マジかー、俺の貞操の危機だった訳か…。ぶるぶる、震えが…

「常識の事ですよ?知らないんですか?」

「ちょっと、田舎暮らしだったからかな」

俺は、適当な嘘をついておいた。

「男の人がそんなにいる田舎があるんですか!?教えて下さい!」

女の子3人が、物凄い勢いで迫ってきた。

「ま、魔物に襲われてもう無いんだ」

「そうなんですか…」

「くっ、魔物許すまじ!」

これで有りもしない村を探すことは無いだろう。
俺は、3人も落ち着いてきた様なので話を聞くことにした。

「自己紹介がまだだったね。俺の名前は孤堂 一真、一真って読んでくれ」

「コドウ カズマ?和の国の出身ですか?」

「そんな感じだ」

この世界にも日本みたいなところがあるのか、行ってみたいな…

「じゃあ、今度は私達の名前を、私の名前はリアです」

「自分の名前は、マリです」

「私の名前は~、エスティです~。」

ふむふむ、金髪の子がリアで、赤髪の子がマリ、そしてエメラルド色の髪の子がエスティと言うことだな。
ぶっちゃけ、皆かわいい。

(異世界に来て良かったーーーー!)

そんな事を考えていると、3人が何か話したそうにしていた。

「どうかした?」

「あのー、もしこの辺に詳しく無いのでしたら、よかったら王都まで案内しましょうか?」

「えっ、いいの?」

「はいっ!勿論です!このチャンスにお近づきに…げふんげふん、いえ、困っている人を助けるのは当たり前ですから」

今何かを言いかけていたけど、正直案内してくれるのは助かるので断る理由はない。

「じゃあ、お願いできるかな?」

俺は、お礼の意味も込めて笑顔で言った。

「「「カッコいい…」」」

すると、女の子3人は顔を赤らめて、3人で話し込んでしまった。

『さっきの笑顔。カッコ良かったです~!』

『しかも、王都まで一緒なんて嬉しくて死にそうだわ!』

『ふふふ、提案した私に感謝しなさい!』

『『有難うございます、リア様!』』

『苦しゅうない』

(3人は、こそこそ話しているので、何を話しているのか分からないけど、さっきの俺の笑顔がキモイとか、そんな辺りかな~。ノリで笑顔なんかするんじゃなかった…、絶対キモがられた…)

実は、孤堂 一真は人と余り話さないので気づいていないが、元の世界の学校には一真の隠れファンがいたのである。無口さがクールだと思われていたのである。

そんな事を知らない一真は、3人に悪口を言われていると思っていた。

「あのー、カズマさん?そろそろ、王都に行きましょうか。」

俺がそんな自虐妄想を考えていると、リアがそう言ってきた。

「わかった、それじゃあ案内よろしくね」

「「「はい!」」」

そうして、俺の王都までの仲間が増えたのだった…


______________________

隠れイケメンは死ねーーーーーーー‼
(by 作者の心の叫び)
もう1つ作品を投稿しているので、是非そちらも読んでみて下さい!

「ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ア〇シズ教の元締めの女神

    カタカナでカズマと書かれるとどことなくあの男を思い浮かべるわね

    0
  • ノベルバユーザー189021

    面白いです

    0
  • トイレットペーパー

    なんか展開全部に既視感がある

    2
  • k

    おもしろい

    0
コメントを書く