ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?

蒼山 響

第1章 主人公死す!

2作品同時投稿なので更新が遅いかもしれません。この作品を面白いと思ったら、是非もう1つの作品も読んでみて下さい!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

俺、孤堂 一真はぼっちである。別に友達ができない訳ではないのだ。中学校までは友達もいたから、けしてコミュ障ではない。ただ、人と話すのが疲れるのである。人間は相手に常に嫌われないように、言葉を選んで会話している。その気遣いが俺にとっては苦痛なのだ。だから、俺は友達と遊んでいるよりもアニメを見ている方が楽しい。

「あー、異世界行きたいなー」

そんな事を呟きながら俺は、自転車を漕いでいた。今日もいつもと同じ様なつまらない学校に行った帰りである。

大体、世界史や化学とか、将来使うか分からない物を勉強するより、確実に使うパソコンの使い方(情報)を勉強する方が、絶対ためになると俺は思う。

そんな事を考えていたからだろうか、俺は飛び出してきた車に気づかずにいた。

(やべぇっ!間に合わね!)

次の瞬間、俺の体は宙を舞って地面に叩き付けられた。あの勢いでぶつかったんだ生きていられる訳がない。

しかし、不思議と死への恐怖は無かった。この世界に未練がないからだろうか?

そんな事を考えていると景色が真っ白になっていった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「う~ん?此処はどこだ?」

目を覚ますとそこは、何もない白い場所だった。
いや、何もないというのは嘘だ、目の前には銀色の髪の毛をした美しい女性が座っていた。

「ようこそ一真さん、此処は神の間です」

目の前の美少女はそう言うと、話を続けた。

「私は女神メリアです。これから貴方は別の世界へ転生して貰います。貴方は、本来死ぬ予定が無かった人なのです。なのに貴方は、生命の倫理の輪から外れてしまったのです」

「それは何故なのです?」

「申し上げにくい事なのですが、たまに異常に性格がひねくれている人間が外れてしまうのです」

そう女神様は言った。

つまりあれか、俺の性格がひねくれているから死んだと。余計なお世話じゃい。
だが、異世界転生は俺の夢なので断る理由はない。

「わかりました。ちなみに、スキルとかは貰えるのですか?」

「はい、異例の転生する方には普通の人より強くしておきます。詳しいステータスは、あちらに着いてから確認してください」

「わかりました」

俺がそう言うと、女神様は頷いて

「それでは貴方に良い人生を」

女神様がそう言うと、俺の目の前が再び真っ白になるのだった



______________________

すみません、今日はここまでにさせて下さい…
もう眠くて…zzzz

「ぼっちの俺が異世界転生したら女性ばかりでハーレム!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く