ぼっちの俺が異世界を冒険することになりました。

かーきー

武器屋に行きました。

サルド商会を出て俺はアムをぶらついて居た。

「お、なんかいい匂いがするな。」

匂いのした方に行くと40ぐらいのおっさんが、肉を焼いていた。

「あの…一本貰えますか?」

「一本銅貨1枚だぞ。ほれ。」

「ありがとうございます…銅貨1枚です。あと、これは何の肉ですか?」

「この肉はな、ファングボアっつう魔物の肉だ。」

ボアだからイノシシの肉か美味しいのかな?
一口食べると思わず「美味しい」と口に出していた。

「美味しいだろー。秘伝のたれを使っているからな。」

「美味しかったです…また来ます。」

そう言って俺はその店を離れた。

「武器買わないとな…あと服も買わないと。残ってるのは銀貨6枚と、銅貨3枚か…武器がどのくらいするかわからないしなぁ。とりあえず武器屋探さないと。」

少しすると武器屋っぽい場所に着いた。
扉を開ける。

「いらっしゃぁい。」

髪の毛がぼさぼさな女性が気だるそうにそう言った。

「片手剣ってありますか?初心者でも扱えるよ「あなた新人冒険者!?」…はぃ。」

びっくりした…

「嬉しいよ〜。新人さんは、だいたいギルドの近くの武器屋に行っちゃうからね〜。片手剣だっけ?ちょっと待ってね〜。」

10分ぐらいすると片手剣を持って戻ってきた。

「君にはこれがちょうどいいと思うよ〜。」

「いくらですか?」

「銀貨3枚かな?」

うぅお金がぁー。

「銀貨3枚です。」

「はい。ありがとね〜。じゃあおまけ付けてあげるよ〜。よいしょっと。その格好だと戦いにくいでしょ?これに着替えれば多少はましになると思うよ〜。」

「いいんですか?」

「うん、これからも来てくれれば全然問題なし!そのバックに入れときな。」

そう言われたので俺はバックに入れた。

「ありがとうございます。」

「私はミカよろしくね〜。」

「俺はソーマです…」

「ソーマって呼ぶね〜。ソーマ人と話すの苦手でしょ?」

「その通りです…」

「やっぱね〜。私にはもっと気楽でいいんだよ?」

「…分かりました。」

「敬語じゃなくていいんだけどな〜。」

「…分かったよ。それじゃあ俺は行くよ。」

「またね〜。」

俺は一旦宿に戻って着替えようと思って宿に向かった。

「ぼっちの俺が異世界を冒険することになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く