ぼっちの俺が異世界を冒険することになりました。

かーきー

冒険者になりました。

翌朝、起きた俺は今後の予定を立てていた。

「とりあえず朝なるべく早くギルドに行って冒険者登録しないとな。その後は、まずサルドさんの商会に行って冒険者になれたことを報告して簡単なクエスト受けてもいいかもな。あっ、でもギルド行った時ラノベによくある絡まれるテンプレ起きたらどうしよう…俺のステータスだとボコられるの確定だしなぁー。いかんいかんフラグを立ててしまった。起きないことを全力で願わなければ。」

一人でいろいろ考えているとミアが呼びに来た。

「ソーマさーんご飯ですよー。」

「あぁ…今行く。」

そういい俺はドアを開けた。

「ソーマさん。おはようございます。」

「ミア…おはよう…」

はぁコミュ障もなんとかしないとな…どうすれば治るんだろ…
そうぼやいてる内に食堂に着いたみたいだ。
食堂の中には鎧などを身につけている人や杖を持っている人などがいる。
多分冒険者だろう、というかそれ以外考えられん。
てか装備とか買わないと…はぁ頑張って稼がないとな…
少し憂鬱な気分になりながらも椅子に座る。

「はい。どうぞウルフのステーキです。お母さんの料理は美味しいですよ〜。」

「いただきます。」

「ソーマさん今のいただきますってなんですか?」

しまった。異世界の人とかはいただきますって言わないんだな。どう説明すればいいんだ…

「ソーマさんは遠くから来たって言ってましたね。そのあいさつですか?」

「あっあぁ、そそそうだよ。」

勝手に解釈してくれてよかった…
そう思いつつ俺は出てきたステーキを一口食べた。

「美味い…」

「でしょ〜。お母さんのご飯は本当に美味しいですよね〜。」

________________________________________

食べ終わった俺はミアにギルドの場所を聞いたので、その場所に向かっていた。

「おっ、ここか…」

10分ぐらい歩いてギルドについた。
勇気を振り絞って扉を開けると、中にはあまり人が居なかった。
今は大体10時くらいだな、もっと人が居ると思ったんだけどな…
でもよかった…絡まれずに済みそうだな。
受け付けがいくつかあったので真ん中に行く事にした。

「本日は、どのようなご用でしょうか?」

大体20くらいの美人が聞いてきた。

「えっと…今日は…登録に来たんですけど…」

「はい。登録ですね。少々お待ちください。」

彼女はそう言うと何かを取り出した。

「代筆は必要ですか?」

「いえ…大丈夫です…」

「では、こちらに名前、年齢、所持しているスキルをお書いてください。」

えーっと名前はソーマっと、年齢は17で大丈夫だよな。
後はスキルか…持っていないって書いて。

「あの…書き終わりました…」

「はい。ふむふむ、ソーマ君は17なんですね。」

「あっ…はい…」

「ふふふ、緊張してるんですか?緊張しなくていいですよ?」

「べ、別にきっ、緊張してるわけではないんですが…」

「じゃあ人見知りさんなのかな?それで、ソーマ君はスキル持ってないの?」

「はい…」

「なんでSP(スキルポイント)使わないの?もったいないわよ?」

「あの…スキルってどうやって覚えるんですか…?」

「スキルの覚え方知らないの!?」

「田舎者ですので…」

「スキルっていうのはね、ステータスを開いてスキルを押すと覚えられるスキルが出てくるから覚えたいスキルがあったら押すと覚えられるわよ。でも人には向き不向きがあるから、覚えられないスキルがあっても落ち込んじゃダメよ?」

「分かりました…」

俺はステータス低い分スキル構成考えないといけないな…頭痛くなりそうだ…

「それじゃあこのカードにソーマ君の血を少し垂らしてくれるかしら?」

そう言って受付嬢さんは、針とカードを出してきた。

「はいっ。これで終了。これがソーマ君のギルドカードよ。無くすと再発行に金貨1枚必要だから気をつけてね。」

「無くさないようにします…」

金貨1枚は痛い出費だから気をつけなければ。

「説明はいるかしら?」

「お願いします…」

「まずランクから説明するわね。下からF、E、D、C、B、A、Sの順になっていて基本的にCになれば一人前と認められるわね。それから、クエストは1個上までは受けれる事になっているわ。でも無茶はしちゃダメよ?失敗すると違約金を取られちゃうし、何回も何回も失敗すると除名されちゃうから。言っておくべき事はこれぐらいかしら。なにか依頼を受けて行くかしら?」

「いえ…この後、用事があるので…」

「そう、もし依頼を受けるのならちゃんと装備を買っておくのよ?そうしゃないと危険がますから。」

「分かりました…後サルド商会の位置教えてもらっていいですか?」

「サルド商会は、ギルドを出て左に行けばあるわよ。」

「ありがとうごさいました。えっと…」

「私はエルザって言うの。これからよろしくね。ソーマ君?」

「エルザさんありがとうごさいました…」

俺はエルザさんにお礼を言うとサルド商会へ向かって歩いて行った。

「ぼっちの俺が異世界を冒険することになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く