話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁

アレクさん

10話 挑戦

『アリスの花嫁』のオーディションから約一か月が経ったある日、私はいつものように、事務所でレッスンをしていた。


「愛流~いるか~~!?」
滑舌の練習をしていると、突然マネージャーの相羽あいばさんが部屋に入ってきた。
「は、はい…‼」
名前を呼ばれた私は、ドアを開けたところで立っている相羽さんの元へ駆け寄る。


「なんでしょうか?」
いったい、レッスン室にまで呼びに来るなんてなんの用だろうか。
「朗報だ!ちょっと来てくれ」
私は言われるがままに、相羽さんのデスクへと連れて行かれる。
朗報ってことだけど、この時期に朗報って……まさかっ!
「相羽さん、もしかして私!」
「あぁ、アリスの花嫁のオーディションに受かったわけじゃないからな」
ズコーッ!えぇ~違うの!?手ごたえもあったし、もしかしたらッて思ったンだけど…。
やっぱり、この業界は甘くないんだ。


「じゃあ、朗報って?」
「アリスのオーディションに立ち会っていた、梅津うめづ音響監督を覚えてるか?」
音響監督っていうと、キューランプを送ってくれていたあの人か。
「はい。でも、その人がどうかしたんですか?」
「その梅津さんの知り合いが担当をしてる番組のナレーターが、病気でしばらく休まなくちゃいけなくなったらしい。そこで梅津さんに、知り合いで良い声優さんはいないかっていう話が持ち込まれて、オーディションでえらく気に入ったあんたを起用したいらしい」


それって、テレビ番組のナレーションをさせてもらえるってこと!?
それは、ありがたいし、これからの声優人生にも良い経験になるだろうけど…
「でも、私で大丈夫なんでしょうか?」
なんせ、私はアニメにほとんど出演したことがないし、ましてテレビのナレーションなんて、養成所の練習で何度かやっただけだ。養成所の練習と、本当のナレーションではわけが違う。
「んー。そんな、考えなくていいんじゃない?梅津さんもあんたのこと気に入ってくれてるんだから」
「で、でも…」
「それに、あんたプロになって何年経ってるの?」
「よ、4年です…」
「そうだろ。その間にいろんな練習をしてきたはずだ。それにあんたは、初めてのメインキャラも、経験がないからって辞退するのか?」
「そ、それは…」
「あんたには、何か夢があるんだろ?どうせ旦那絡みで」
「えっ?どうして…」
「見てれば分かるよ。あんたの努力は並みのものじゃない。どんな新人声優よりも、どんな一流声優よりも努力してる。そんなの、何か目標を持っている人間にしかできない」
そうだ。私には、ゆうくんとの約束がある。絶対にヒロインにならなくちゃいけないんだ。
そのためには、ナレーションで色んな人に認めてもらって、どんどん経験を積んでいかなくちゃいけない。
「わたし、やります!やらせてください!」
「ん。じゃあ、梅津さんには私から連絡しとくから、詳細が決まったらまた知らせる」


この日から、私の声優人生は大きく動き出すことになる。

「ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く