話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁

アレクさん

8話 オーディション

ゆうくんと、夢について再び誓い合って4日後の水曜日、私はとあるオーディション会場に来ていた。
今日のオーディションでは『アリスの花嫁』というファンタジアーアニメのリリィという女の子を受ける。彼女は物語のヒロイン、アリスの妹で、幼い女の子だ。
私の時間は13時からで現在は11時だ。開始まで時間があるが、オーディション会場以外の場所にいても緊張してしまうだけなので、いつも早めに着いて台本のチェックをしている。


自分の役のセリフを確認していると、ズボンのポケットに入れていたスマホが振動する。
「あっ…!ゆうくん」
ゆうくんからのメッセージだった。
『今日、頑張って!』
メッセージの内容はそれだけだった。
しかしそれだけで、私には勇気がわいてきた。
ゆうくんは口下手で、普段オーディションの前に送ってきてくれる応援メッセージは今回のように簡素なものだ。でも、それがゆうくんの魅力だったりする。


その後、練習をしてうがいなどを済ませ、のどを整えると、あっという間に私の番になった。


重い重い防音扉を開けて、レコーディングスタジオに入る。
スタジオの中には一本のマイクとその向かい側、ガラスを挟んだ先に音響監督とアニメ監督、原作者と思しき人たちが座っていた。


「トレスポンド所属、愛流美佳です!本日は、よろしくお願いします」
私は深々と頭を下げて、監督たちに挨拶する。
『はい、よろしくお願いします。じゃあ、キューランプが光ったらしゃべりだしてください』
「…はい」
音響監督からの指示通り、キューランプを待つ。
はぁ…、慣れないなぁ、これ。4年間オーディションを受けてきたけど、このキューランプ待ちの時間は本当に慣れない。この後しゃべりだしたら、チャンスは一回きり。それですべてが決まっちゃうんだから。


『では、お願いしまーす』
音響監督の指示の後まもなく、キューランプが点灯した。
鼻から息を吸い込み、話し出す。


「お姉ちゃん、どうして戦うの!?お姉ちゃんが戦う必要はないのに!____。」
その後いくつかのセリフを撮り終えて、キューランプが消える。


『はい、ありがとうございます。少し、そのままで待っていてください』
そう言って、監督たちが話し合い始めた。おそらく、使えるかどうかを話しているのだろう。


「ふぅ…」
一息、ため息をつく。
今回はいつもより、しっかりと演技できたはず。深見さんに教えてえもらった若妻ではないけど、新しい気持ちでリリィも練習できた……はず。


『はい、お疲れ様です愛流さん。監督の永田ながたです』
「あ、ありがとうございました」
あれ?なんだろう?普段のオーディションなら、お疲れ様って言われるだけで、解散になるのに今日は何か違う。
『さっきのリリィの演技ですが、少し大人びていますね。リリィは無邪気にお姉ちゃんのことが大好きな小学生ですので、もう少し幼くできますか?』
「えっ?えっと…」
これって、どういうこと?もう一回、取り直すってことか…?
私が突然のことであたふたしていると、音響監督がミキサーをいじって、私を見つめてきた。


「で、出来ます!よ、よろしくお願いします」
『はい。では、撮ります』
台本を握り直し、キューランプが点灯すると、さっき演じたセリフを少し幼くして演じなおした。


『はい。ありがとうございます。もう少し、そのままでお願いします』
さっきのように監督たちがガラスの向こうで何かを話し合う。


今まで、オーディションで撮り直しをしたことはない。
これって、私の演技が良かったってことかな?だから、可能性を見出して撮り直しを行ってくれたんだろうか。


『はい。ありがとうございました。お疲れさまでした』
どうやら、今日のオーディションはここまでのようだ。
「は、はい。ありがとうございました!」


オーディションを終え、家への帰路に立つ。
今日の結果は、受かっていた場合は1か月後に事務所に連絡が来るらしい。


「でも今日は、特別な日になった気がする」
今までのオーディションでは、一回しゃべったらそれで終わりになっていた。でも今日は、取り直ししてもらえた。
これはちょっと期待してもいいのかな。
でも、この業界、そう甘い話はない。これかからもしっかり練習しなくちゃ。


かくして『アリスの花嫁』のオーディションは終了した____。

「ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く