ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁

アレクさん

2話 ヒロインになりたい私

8月26日、世の小中高生の夏休みが終わろうという頃、私、愛流美佳あいるみかは、緊張の面持ちで、とある電話を待っていた。スマホをテーブルに置き、私は椅子に座って両手の平を合わせて組み、祈るような姿勢で待っている。
『ブー♪ブー♪ブー♪』
「来たっ!」
スマホの着信音が鳴り、すぐに応答する。
「も、もしもし!」
『愛流、お待たせ。結果が来た。……残念だけど、ダメだった』
「……そう、ですか」
『あぁ。今回はダメだったが、来週にはもう一本オーディションがあるんだから、しっかりと切り替えなさい』
「…はい」
『じゃあ、何かあったらまた連絡するから』
そこで電話は切れた。
私は、声優をやっている。大学3回生のときに事務所のオーディションに受かって、今年でデビュー4年目だ今話してたのは、マネージャーの相場あいばさん。4年も経って売れない私にもよくしてくれる。
今まで、名前のあるキャラクターは2人務めさせてもらったが、ほとんど登場しないサブキャラで、私の名前は業界では無名だ。
私は沈んだ心のまま寝室まで移動し、机の上に置いてあった次のオーディションの原稿を手に取り、ベッドに横になった。
「今回は、じゃなくて、今回も、だよ」
最後に‘‘おめでとう”という言葉を聞いたのはいったいいつだろうか。
「……ヒロインになりたいよ」
天井を見つめたままそうつぶやき、眠ってしまった。
『ブー♪ブー♪ブー♪』
どれくらい眠っていただろうか。スマホの着信音に起こされた時にはすでに、時計は18時を示していた。
「…もしもし、うん。今起きた」
電話の相手は、よく聞き慣れた声だ。
この声を聴くと、安心する。
「ダメだな、私…。強くならないと……」

「ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く