話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁

アレクさん

1話 ラノベ作家になりたい俺

8月26日、世の小中高生の夏休みが終わろうかという頃、俺、愛流勇介あいるゆうすけは緊張の面持ちでノートパソコンの画面を眺めていた。
「愛流くん、どうだった?」
「あっ、渡瀬わたせさん、お疲れ様です。……今年もダメでした」
「そっかぁ…、こればっかりは仕方ないからね。来年に向けて頑張ろう」
俺が何を見ていたかというと『サイスター文庫』というライトノベルレーベルの新人賞一次選考通過作品掲載ページだ。
俺はこの新人賞に高校一年生の時から毎年投稿しており、今年で十年目になる。
現時刻は午後12時10分で、職場の休憩時間だ。社員食堂で結果を見ていたのだが、今年も見事落選。一次選考さえ通らなかった。
「どうしたら、面白い文章が書けるようになるんでしょうか」
「そうだねぇ、客観的な意見が重要かな。…そうだっ!ネット小説を投稿してみたらどうだろう。プロにならなくても人に読んでもらえて、コメントなんかももらえるし、執筆の参考になると思うよ」
俺と話しているこの人は、渡瀬一馬わたせかずまさん。職場の先輩であり、尊敬する人だ。というのも彼は、『天堂てんどうライト』というペンネームで、サイスター文庫で活躍しているライトノベル作家なのだ。
俺はこうしてよく、仕事だけでなく、ライトノベル作家になるべく相談に乗ってもらっている。
「ネット小説ですか…。たしかに様々な人に作品を見てもらえるチャンスもあるし、指摘がもらえたら、俺の文章にも深見が出るかもしれませんね」
「うん。僕もデビュー前はちょくちょくネットに小説をアップして、いろんな意見を貰ったよ。どの意見も今の執筆活動の役に立ってる」
ここ数年でネット小説の需要は高まっており、ネットから文庫化されるケースも多い。
「そうですね。近いうちに書いてみます」
「あぁ、そうしな。そういえば、今日はあの子も大切な発表があるんじゃないの?」
「はい。あいつは、夕方ごろに発表だそうですから、家に帰ってから報告合いですね」
「そうか。頑張ってね。僕は二人の夢、応援してるから」
「ありがとうございます」

「ラノベ作家になりたい俺とヒロインになりたい嫁」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く