話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い

日向葵

29話 翔太の悩み

「江口先輩!」
鋭い視線に江口誠は今にも脱出したい気持ちだった。
「なんてこと言うんですか!」
「ほんと、ありえないし!」
「空気読めよ!」
先輩の前で敬語も使わず、野獣のごとく攻め立ててると同時に江口誠は申し訳ない様子で小さくなっていた。
肩をすくめて、
「だってしょうがねぇじゃん!俺はただ真実を伝えただけで…。だろう?翔太!」
「え?俺は…」
突然ふられて戸惑う翔太を怪訝そうに見つめる。
「翔太先輩?」
「もういいよ!華恋探さなきゃ!」
「てか、授業…ま、いっか!」
「華恋どこ行ったのよー!」
華恋を探す4人の背中をぼんやりと翔太は見ていた。




(俺は華恋のことをどう思って接してたっけ?
妹のようだけどそうでもなくて…)
涙を流した華恋を思い出し、ドキッというよりグサリと何かに胸が刺さったようだった。
そして、渦を巻くようにモヤモヤした気持ちになり、江口誠の言葉を思い出し複雑な心境に焦りを感じていた。
(こういうことって誰かに相談した方がいいよな。)
その時頭に浮かんだのは、華恋の兄でもなく、江口誠でもなく、たったひとりの彼女だった。

「片思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く