話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い

日向葵

25話 通信

キーンコーカーンコーンと予鈴がなりモヤモヤした気持ちの中、授業を受ける。
(何があったのかな?また私のこと?まさかね…)
隣で田辺は私の様子を伺い何にもいってこなくなった。いつもならからかい始めたり、はやし立てて私を困らせるのに。妙に空気を読む変な人と私はチラッと彼の横顔を見た。

本鈴がなったところで今日の日直の声が教室中に響き渡る声を発する。
その声に合わせて立ったり先生にお辞儀したり座って授業を受ける態勢に入る。

ぼーっと話を聞いてたら、横から4つ折りの切れ端の紙が机の上に転がってきた。
なにこれ?とこっそり開くと田辺から中庭に来てくれと言うメッセージがあった。
だから私はこう返した。
なんで?と。
田辺はまさか私から返信が来るとは予想外だったようでややテンパっていた。
すると田辺から返信が来た。
内容は話すことがあるからだった。
私も何でこんなにからかったりするのか気になりケリをつけるためにも好都合だと咄嗟に考えた。
だから私はこう返した。
わかった。いいよ。と。
私からの返事を受け取り田辺の表情は変わった。いつものからかってふざけた感じがなく変に真面目さがあり意味深な表情。
モヤモヤした気持ちは少し置いとけるような余裕が私も作れた気がした。
彼の言葉を聞くまでは…

「片思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く