話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い

日向葵

22話 恋のライバル出現⁉︎

「あの!」

私は勇気を出してあの5人に声をかけた。

「え?あー。沼田さん。」
「どうしたの?」
「なんか用? 」
「なに?何?」

5人中4人は後ろを振り返って私の方をみた。
ある1人は除いては…。

「さっさっきはそのー、えーとー、あのー…」

俯いてしまった。

(でも、でも、言わなきゃ!)

「あ、ありがとう!」

「あー、別に大したことはねー。」
「うん、別に…」
「大丈夫で…そのーなにより。」
「うん、ねー、華恋?」

私を含む5人は園崎さんに視線が集まった。

(やっぱり怒ってるのかな?私が鈍臭くて…?それとも他に何かやらかしたのかな、私。)

異様な空気を放つ園崎さんに私の心臓は嫌にもドキドキしてしまった。

くるりと振り向きやや口角を上げていつものクールな感じからかわり、ふんわりした雰囲気を醸し出していた。

「うん、困ったときはお互い様じゃん!」

周りの4人はなんだかホッとした様子だった。
じゃ。と手を挙げてバイバイした。

やっぱり最後はクールさをかもし出す雰囲気の園崎さんの周りにあの4人が集まり教室の中へと消えていった。

私は園崎さんのふんわりした様子を勘で分かった。

園崎さん、誰かに恋してる。
しかも、私と同じ人に…。

「片思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く