話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い

日向葵

19話 勇敢なる5人組

振り向くとそこにいたのは意外な人物たちだった。

「ちっ!朝っぱらからナンパして女引っ掛け回しやがってんじゃねーよ!」 

「調子超えてんのはお前だっつうーの!バカ!」 

「この腰抜けが!バーカ!」

「警察ですか?はい…はい…。住所は…はい。分かりました。」

「大丈夫?沼田さん。」

私を助けてくれたのは、園崎さんを始め、進藤さん、菊永さん、牧田さん、脇坂さん…あのギャル5人組だった。


(え?何で?何でこの人たちが?)

私は気が怯みペタンとその場に座り込んだ。

「今、警察に電話した。もう少ししたら来るって。で、大丈夫?」

園崎さんは私の手を取り立ち上がらせてくれた。
私は園崎さんを見てダーっと涙が溢れ出し、「こっ、こっ、怖がっだですー!」と泣き叫んだ。
園崎さんは私がわんわん泣く姿に驚いていた。私の肩を引き寄せ「怖かったね」と言い、トントンと肩を叩き落ち着かせてくれたのだ。




数分後、パトカーのサイレンの音が鳴り響き、警察官たちが来た。私をナンパした男性は警察官と一緒にパトカーの中へと消えていった。
一人の警察官が私に近寄ってきてこう言った。

「警察です。事の経緯についてお話したいのですが、よろしいでしょうか?」

男性の警察官から聞かれたが私は放心状態だったため、答えられなかった。
すると、菊永さんが私の代わりに警察官の人に「混乱してて無理だと思う。」と話した。
「私たちが知ってる限りのことでも良いですか?」と進藤さんが伝え、警察官も了承し私たちは交番へと連れて行かれた。

パトカーに乗る前に園崎さんが翔太先輩に連絡しその経由で学校にも連絡が入った。
後ほど担任の谷村先生も来ることになった。




「つまり、こういうことだね?被害者が登校中ナンパに遭い、逃げようとしたが追いかけられたので助けを求め、その声に君たちが気づき、それに応じたと。で、110番して我々警察に連絡が届いたと。うむ。」

私を含む5人が警察官との事情聴取を行われた。

「はい、そうです。」と、園崎さんが答えた。

「で、君は何でこの子に声をかけたのかね?」

加害者である見た目20代後半くらいの男に警察は問う。

「いや…別に。可愛いと思ってつい、下心で…すみません…。」

やれやれと警察官は呆れ果てていた。
私を除く5人は、加害者の男性を睨みつけて威嚇していた。

(大変なことが起きた…どうしよう) 

私はまた震えが始まった。その様子を進藤さんが気づき、「大丈夫?ちょっと外行く?」と気遣ってくれた。

私はコクっと頷き、進藤さんが「しんどいみたいなんでちょっと外に行っても良いですか?」と聞いてくれた。

「分かりました。後で話があるのでちゃんと戻って来てください。」と言われて「分かりました。行こう、沼田さん。」と私の手を引いてくれた。

女性の警察官が気を利かせて、「隣の部屋空いてるからそこで休むといいわ」と言われ私たちはそこに行くことになった。

「いやー!大変だったね!」

女性の警察官が用意してくれたオレンジジュースを飲み、私に話しかけた。

「何で助けてくれたの?何で分かったの?」

私は聞きたいことが山ほどあるがこれが一番に聞きたいことだった。

進藤さんは私に「それはね…」と話し出した。

「片思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く