世界最強の暗殺者はまだ中学生だそうです。

キラ・キルリア

世界一の暗殺者は部下の質も世界一だそうです。12

「はぁ・・・」
「どうした夜霧。ため息なんかついて、幸せが逃げるぞ」
「それなら私が貰っておくわ。夜霧君の幸せが貰えるなら、きっと宝くじも大当たりね」
「マジか、おい夜霧。もっとため息つけ」
「・・・はぁ」


現在昼休み、つまらない授業が残り2時間になり、少しはマシだと思ったが、友達の少ない俺には割と辛い。一年の頃の友達は・・・1人の馬鹿山口涼斗だけだった。だから外に行っても視線を集めるだけだし、教師には露骨に避けられるし、授業はつまらないし。早く帰りたい。


「どうだ?俺、幸せになったか?」
「私に聞かないでよ。自分はどう思ってるの?」
「・・・・・そんなに変わってない」
「でしょうね」


一応紹介しておくと、一緒に話している女子が深井杏香。今回も馬鹿しか友達がいないのかと思っていたが、こういう救いの手があると助かる。主に精神的に。


「杏香ちゃーん。こっち来てー」
「分かったー。じゃあ私はあっちで話してくるから、君も頑張りな、夜霧君」


どこか哀れんだ目で見られる。だって仕方ないだろ。全員俺より格下なんだから、対等に話すのが苦手なんだよ。


「どうした夜霧。もっと語ろうぜ!」
「お前と語るような話はない」
「そんなこと言うなって。今日は一緒に帰ろうぜ!」
「嫌だ。お前と帰るのは絶対に嫌だ」
「照れんなよ」
「照れてねぇよ」


仕事も友達も選べないのか。本当に悲しい。


「もうすぐチャイム鳴るだろ。さっさと次の授業の準備をしてろ。次は英語だ」
「そうツンツンするなよ。ツンデレちゃんめっ!」
「気持ち悪い。鬱陶しい。二度と俺に話しかけるな」
「そこまで言うなよ。ひどいやつだな」


・・・本当に悲しい。


「て言うかさ、夜霧。お前、深井の事どう思ってんの?」
「お前と話している時の精神的救い」
「おいそれどう言う意味だ!?」
「そのままの意味だ」
「とにかく、絶対あいつお前のこと好きだよ。お前みたいな無愛想なやつと話してくれる人は、なかなかいないだろ」
「・・・お前、無愛想なんて言葉知ってたんだな」
「おい、誤魔化しついでに俺の悪口言うなよ」


いや、そこは本当に驚いたんだけどな。


「まぁ、俺を好きだとしても付き合おうとは思わねえよ」
「ふーん。いいよなぁイケメンは!何もしてなくてもカッコいいからモテるし」
「俺は運動も勉強もできる。何もしてない訳ではない」
「俺は頑張っても勉強できないんだよ!」
「才能の差だな」
「くそっ!・・・死神に殺されれば良いのに」


ん?こいつ今なんて言った?死神?


「・・・存在しないものに願うなよ」
「フッフッフッ。存在するんだよなぁ。今朝ニュースでやってたんだよ。『死神』と名付けられた暗殺者がいて、どっかの悪い奴が殺されたって」
「・・・実在するんだったら余計願うなよ」
「わ、悪い悪い、そんな怖い顔しないでくれ」


・・・『王』が社会への死神の情報の流出を許可したのか?つまり、俺を殺す用意ができていると言うことか。俺を殺した後『死神』を周りの人間が知っていたら、評価が上がるからな。あいつは油断ならない。今の内に警戒しておくか。


「まぁ、そんな暗殺者がお前の言う事を聞くとは思わないけどな」
「馬鹿にしてるのか!?」
「そうだよ」 キーンコーンカーンコーン


チャイムが鳴った。これはまだ予鈴だが、あと5分で本鈴が鳴るだろう。英語も仕事上話せるようにならないといけなかったし、これ以上学ぶことはない。全くの無駄だ。
それより、『王』の方が心配だ。俺を殺そうとした時の為に、トレーニングを強化しておくか。他のメンバーにも話さないとな。






「帰ったぞー」
「『死神』さん!」


『鷹』が走ってくる。『鷹』は俺が昔殺した男の娘だ。その男は女性への性的暴行でかなりの恨みを買っていた。その被害者の内の1人が妊娠し、生まれた子供が『鷹』だった。生まれてきた子が女だと知った男は、『鷹』を無理矢理連れ去ろうとした。そして失敗し、『鷹』の親が殺しの依頼を出した。だが、一歩間に合わず、親の方は殺されてしまった。それで『鷹』を引き取り、今では凄腕スナイパーだ。


「それで、沙美はどうだった?」
「素質はあるよ!状況判断能力が高いから、次にどうすればいいかちゃんと分かってるし。後は練習あるのみかな」
「分かった。ありがとな」
「えへへ」


俺は『鷹』の頭を撫でてやる。『鷹』は俺の妹のような存在だ。普段は敬語を使ってくるが、2人きりの時は使わなくて良いと言ってある。


「話があるんだ。みんなを呼んできてくれ」
「分かりました!」


そう言って『鷹』は走っていった。全会議とは名ばかりの殺し合い。特にNo.1の俺は狙われやすいだろう。おそらく『王』もそのタイミングで一度仕掛けてくるはず。そのときは、致命傷とはいかなくても、擦り傷くらいつけてやるさ。


「とにかく、卒業までには殺さないといけない。あの人の作った『終焉』はこんな場所じゃなかった。だから俺が、『終焉』を終わらせてやる」

「世界最強の暗殺者はまだ中学生だそうです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く