アクティベート・オンライン

時塚オイモ

第26話 〜挨拶、改変〜

「おやおや、怖い顔をしないで欲しいなぁ。今日は只、『挨拶』に来ただけだからね。」


明智光秀は意味深な口振りで言う。


「挨拶……?」


透は、明智光秀を睨みつけながら疑問に言う。


「そうです。挨拶ですよ。透君……貴方には失望しました。私は貴方に協力し私の力を貸してあげたというのに、負けてしまうなんてねぇ。」


「何だと!?お前に協力された覚えは無いぞ!」


透は明智光秀に怒鳴ると、明智光秀は呆れた顔で透に言う。


「やれやれ……全く。人間とは愚かですねぇ。人の話を素直に聞いてくれるのですから。」


「どういう意味だ!」


「まだ気づかないのかな?ならば……」


明智光秀はそう言うと、急に声と口調を変えて透に喋る。


「これで、もう分かるだろ?」


「なっ!?お前は……」


それはまだ、俺がアクティベート・オンライン……ユグドラシルと初めて出会った時だ。


『すっげぇ!お前、ユグドラシルって言うのか!俺は山崎透だ!今日から宜しくな!』


『はい。こちらこそ宜しくお願いします。』


俺達はお互いに自己紹介をしていた時、急にスマホから知らない着信が来た。俺は、何気なく電話に出ると男の声が聞こえた。


『初めまして!』


『誰だ?』


『お前の事をよーく知っている者だ。』


『はぁ?イタズラ電話なら切るぞ!』


おかしな事を言うので俺は切ろうとした時、その男は鳥肌が立つ言葉を言った。


『山崎結衣ちゃん……だったかな?元気にしているかな?』


『なっ!?お前!何故、結衣を知っている!』


『言っただろう?お前の事を知っていると……山崎透君。』


『何が目的だ!!』


こいつはやばい奴だと俺は直感し、男の要求を聞くと男は笑い、俺を誘惑するような言葉を話す。


『結衣ちゃんを………助けたくはないか?』


『え………?』


『勘違いをしているようだが、俺は悪者ではない。寧ろ、俺は善人なのだよ。お前の妹を助ける方法、自由に出来る方法を俺は知っている。』


そして俺は、その甘い誘惑に負けて『ラグナロク』を起こそうとした。大事な親友を殺すつもりで……危うく取り返しがつかなくなる所だった。


「あの時、俺を誘惑した男はお前だったのか!」


「正解!やっと思い出してくれて嬉しいな!でも、そんなに怒らないで欲しいなぁ。誘惑された君が悪いんだよ。」


「ふざけんな!このや……ぐっ………」


透は怒って立とうとした時、先程の疲れがまだ取れてないのか、ふらつき膝をついた。


「透っ!?」


僕は慌てて、透の所に駆け寄ると透は僕に心配を掛けないように笑顔で大丈夫と答える。


「透君。無理をしてはいけないなぁ。少しだけとは言え、私の力を使ったのだから。今は立つ事も難しいんじゃないかな?」


そうか!?あの時、透が急変した時に黒いオーラの様な物が見えた。それは、明智光秀の力だったんだ。多分、自分の体力を削る代わりに力が倍増するような仕組みなのだろう。透自身も気付かない内に、その力を渡されていた訳なのか。


僕は、また明智光秀に怒りが芽生え始め睨みつけるとある事に気付いた。


「そう言えば、明智光秀の主は何処だ?」


そう。アクティベート・オンラインは主、マスターが居て初めて起動し、そのゲームからキャラクターが出てくる。明智光秀がキャラクターなら明智光秀のマスターも居る筈なのだが、まだ姿を見ていない。何処かに隠れいているのだろうかと考えていると、明智光秀が笑いながら疑いの言葉を喋った。


「主人ですか?そんなの………とうの昔に『殺している』」


「なっ!?」


その言葉を聞いた瞬間、皆の顔がまるで時間が止まったように固まった。それもそうだ!何故なら………


「馬鹿な!?私達キャラクターは、主が死ねば私達自身も消滅するのだぞ!」


信長が、あり得ないという顔をして動揺している。すると、明智光秀は微笑みながら説明をする。


「それはこのゲーム、アクティベート・オンラインが私を『主人』だと認証しているからですよ。」


「どういう意味だ?」


信長は、疑問な顔で明智光秀に言う。


「つまりはこう言う事です。私は1つの力、『催眠』でアクティベート・オンラインそのものに、催眠術を掛けて私が主人だと思わせたのです。しかし、残念ながら私が勝者したという催眠は効きませんでしたが。」


「そんな事って有りなのかよ!?」


透は驚きと恐怖で、かなり動揺している。他の皆も、怖がっていた。すると、信長が怒りながら明智光秀に怒鳴る。


「何故……何故だ!何故、貴様は主を殺した!その主が居なければ、貴様は今此処には居なかったのだぞ!」


そう言った時、明智光秀は再び笑い始める。そして、笑い終わるとニヤつきながら喋り出した。


「何故……ですか?そうですねぇ。正直に申しますと……邪魔だったのですよ!只の人間風情が私の上に立つなどあり得ない!しかし、私を召喚してくれた主人には感謝していますよ。ええ。私の踏み台になってくれた主人にはね。」


皆は、段々と怒りがこみ上げていた。そして僕も、明智光秀に本気で怒り始めていた。



「アクティベート・オンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く