アクティベート・オンライン

時塚オイモ

第25話 〜本当の黒幕、10年前〜

2058年・・・・・・・・・


17時53分   聖祭商店街


僕達はアーサーと別れた後、信長を見ると信長の姿が元に戻っていた。そしてフィールドから出ようとした時、誰かの気配を感じたのか信長は誰もいない所を見て大声で叫ぶ。


「誰だ!そこに隠れている奴!」


信長が見る方向に僕達も振り向くと、煙が出てくると煙の中から笑い声が聞こえてきた。煙が薄くなっていくと急に黒いハット帽子に黒いスーツを着て刀を持った男が現れた。


「やれやれ。やはりバレてしまいましたか。いやはや、流石は織田信長……私の気配に気づくとは!」


「き、貴様は!?」


信長の表情がさっきまでとはまるで別人のように変わった。あんな怒った信長の顔を見るのは初めてだ。僕は黒服の彼が一体何者なのか信長に聞くと、信長はしばらく沈黙した後に黒服の男の名前を言った。


「明智………光秀…………」


明智光秀!?確か、戦国時代に織田信長を裏切り天下を取ったっていうあの明智光秀!?もしかして、その事を気にして信長は明智光秀に恨みを持っている……のか?でも、あの怒り方はそれだけじゃないような……


「10年ぶりですね。織田信長。なるほど……貴方の主人が彼ですか。なら、彼が『叶目咲』の子ですか。」


黒服の男はニヤつきながら僕を見て言う。いや!それよりも!


「えっ!?何で母さんの名前を知っているんだ?」


僕の母親『叶目咲』は、10年前に突然行方不明になり近所の人達や警察に探してもらったが、結局見つからずあれ以来一切会っていない。


「おや?そう言えばまだ言っていませんでしたね。いいでしょう。時間もありますし少し語りましょうか。10年前に何があったのかを。」


10年前、私は『ラグナロク』を起こし沢山のプレイヤーを強制に呼び出して戦わせた。中でもキャラクター内で1番最強だと言われた私は何人何十人とプレイヤーやキャラクターを殺した。まさに、地獄絵図のような楽しい状況でした。しかし、生き残ったプレイヤー達はこのままでは危ないと思い、共闘して私を倒そうとした。そして共闘を考えたのが叶目咲なのです。


10年前・・・・・・・・・・・・


『皆!お願い!私達に力を貸して!このままじゃ、皆あの明智光秀に殺されてしまう!』


叶目咲は、声をかけて集めた6人のプレイヤーとキャラクターに協力を求めた。そして、沢山の犠牲を出しながらついに私を追い詰めたと勘違いした。私の罠とは知らずにね。


『ついに追い詰めた!明智光秀!』


『ふふ……はっはっは!私を追い詰めただと?いいや。追い詰められたのは貴方がたですよ!』


私は、笑いながらフィールドを破壊しました。それから私の力で煙を出し、身を隠しました。皆さんの慌てようが面白くてねぇ。フィールドが完全に壊れる前に皆さんに言ってあげましたよ。


『もうすぐこのフィールドは無くなります。貴方がたはここから一生出られなくなり、死んでいくのですよ。そして、私が天下を頂きます!それでは、さようなら。ふははは!』


それから私はフィールドから出て、これで私が勝者になり願いが叶うと思った。だが、奴が……叶目咲がまさかフィールドに残って他のプレイヤー達を助けるとは想定外でした。そして、私は次の勝負の為に姿を消した。今度こそ天下を取る為に!


明智光秀が笑いながらそう言うと信長がキレた。


「止めろ!それ以上言うな!」


「母さんが……アクティベート・オンラインを?」


僕は急にそんな事を言われて、呆然として頭の中が整理出来ずにいると明智光秀が信長に向かって言う。


「おやおや、貴方は彼に言っていなかったのですか?彼の母親は、このデスゲームのプレイヤーであり元々は織田信長、貴方の主人であった事を。」


「どういう……こと?信長……?」


唖然とした顔で信長の方を振り向くと、信長は深刻な顔で答える。


「すまない悠斗。私は咲を……お前の母を助ける事が出来なかった。咲は、フィールドに閉じ込められた私達を助ける為にフィールドを自分の物にして私達だけを逃し咲だけ取り残されてしまったんだ。そして、私達は生き残りあの忌々しいラグナロクに決着がついた……はずだった。」



信長はそう言うと、明智光秀の方を向いく。


「全ては貴様の所為でな!!」


そう言って信長は怖い顔で明智光秀に怒鳴ると、明智光秀は僕にとっても信長にとっても嬉しいのか怒ればいいのか、両方の気持ちが出てくる言葉をさらっと喋った。


「まぁ、待ちたまえ!彼女はまだ『生きている』。フィールドの特権を取られても私が創ったフィールドだ。完全に壊れれば、私でも気づく。しかし、壊れた気配はこの10年間無かった。つまり!」


「母さんは………まだ生きている?」


僕と信長は安心したが、母さんをそんな目に合わせたのはこの男、明智光秀だ。僕はあの男を許す事が出来ない!だから!


「明智光秀!僕はお前を許さない!」


僕と信長は、明智光秀を睨みつける。この男は、絶対に野放しにしてはいけない。それだけは確かだ。

「アクティベート・オンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く