アクティベート・オンライン

時塚オイモ

第18話 〜学校案内!街案内!〜

「よし!じゃあ早苗の席はー……叶目の隣だな!」


先生が僕の方に指を指すと瑠美は僕がいる事に初めて気づいた。何故だろう……何か嫌な予感がする。


「あれ?悠斗君?やっぱり悠斗君だ!ここの学生だったんだね!」


そう言うと、クラスの皆は一斉に僕を見て睨む。予感……的中。すると、クラスの皆は僕の事をひそひそと話出した。やばい……汗が止まらない。


「ほーう?2人は知り合いなのか?」


先生は面白い玩具を見つけたみたいに楽しそうな顔で、僕と瑠美を見る。


「はい!悠斗君とはこの前に知り合って、友達になったんです!」


瑠美は笑顔で答えるが、その代わりに皆の目線が怖い。たちまち、僕の悪口まで聞こえてくる。そして、また先生がニヤつきながら僕を揶揄う。


「ほほーう。叶目ー!お前も見かけによらず中々やるじゃないかぁ!」


すると、所々から皆の殺気が僕に向かって放っているのを感じる。どんどん、皆の殺気が増しているような気がする。てか!先生!完全にワザと言ってますよね!!


「あははは!冗談だ冗談!悪いな!つい揶揄いたくなってな!」


ひ、人が悪すぎですよ先生!冗談にも程がある!ようやく皆が落ち着いてきたので、僕は一安心すると先生がまたニヤつく。


「よしっ!なら叶目!お前が早苗に学校を案内してやれ!」


そう言った瞬間、さっきまで落ち着いてきた皆の殺気が一気に増してさっきより酷くなった。すると、何処からか『あのヘタレ唐変木呪われろ!』などと声が聞こえてくる。ヘタレって何!?唐変木って酷くない!?それより、呪われろって……どんどん悪口が加速しているような……てか先生!一体僕に何の恨みがあるんですか!?それから結局、昼休み瑠美に学校を案内しながら回る事になった……のだが……


「で!何でお前もいるんだよ…………透!」


僕はいつの間にか横にいる透を見ながら呆れた顔で言うと急に透が怒りだす。


「何でとは何だ!お前だけルミちゃんを独り占めするなんてずるいぞ!俺も混ぜろ!!」


そう言った後、また急に透は僕の首を腕で挟み小声でひそひそと何か言ってきた。


「てかお前!何処でルミちゃんと知り合ったんだよ!いつ友達になった!何でこんな大事な事を親友の俺に黙ってたんだよ!」


もう質問攻めで何から話せばいいか分からなくなってきた。でも、アクティベート・オンライン通称AVOの事は言えない。透を巻き込むわけにはいかないから。


「えーと……それは……」


透が疑い深く見てくるので僕は目を逸らしながら透が納得するような嘘の説明を考えていると瑠美がナイスタイミングのフォローをしてくれた。


「悠斗君とは喫茶店で出会ったんだよ!空いてる席が無かったから相席させてもらったんだ!その時に知り合ったの!」


さ、流石アイドル女優!!見事な嘘だ!僕は、感謝するように瑠美を見ると瑠美は僕を見てウインクする。


「そっか。なるほど。そこで友達になったのか!つーか悠斗!お前喫茶店なんか行くんだな。」


「え?あ、うん!そうなんだ!よく行ってるんだよ!」


意外そうな顔で見てくる透に小学生でも分かるほど下手な嘘で誤魔化すと、透は一応納得してくれたみたいで信じてくれた。


………どんだけ鈍感なんだ?透。そして、一通り案内した後に透が楽しそうに思いついた提案をひそひそと僕の耳元で喋る。


「なぁ悠斗!放課後、ルミちゃんを誘って一緒に何処か寄らないか?」


「何処かって何処だよ?」


「それは放課後までに考えておく!それじゃあ頼んだぜ!」


透はそう言って何処かへ走って行った。僕は仕方なく瑠美を誘ってみると、瑠美は嬉しそうに行くと二つ返事をした。透の事だから多分大丈夫だろうと思うけど……なんかあまり気乗らないなぁ。まぁ、いいか。


・・・・・・・・・・・・


「はい。分かりましたわ。今日こそ決着をつけてみせますわ。………トール。」


「行こう姉さん。今度は負けない。………トールの為に。」


16時50分   聖祭商店街


放課後、僕達は瑠美に街を案内していた。


「ここが日本一長い商店街!聖祭商店街なのです!」


透は、瑠美と仲良くしたのか猛アピールをして頑張っていた。


「凄ーい!透君は何でも知ってるんだね!」


瑠美が褒めると透の顔が一気に赤くなり、今でも気絶しそうな歪んだ顔で照れていた。てか、照れすぎだろ!しかも、顔が歪んで何か面白い顔になってるぞ!透!


「……あ!悠斗、ルミちゃん!喉渇かない?」


透にしては良いタイミングで聞いてきた。丁度、僕も瑠美も喉が渇いていたところだ。僕と瑠美は頷くと透が


「OK!じゃあ買ってくるよ!何がいい?」


そう言って、透は僕と瑠美の飲みたい飲み物を聞いて走って買いに行った。珍しい事もあるもんだ。そう思っていたら瑠美が突然羨ましそうに言ってきた。


「悠斗君と透君って本当に仲が良いんだね!」


「まぁ、仲が良いというか僕と透は幼馴染で小さい頃からよく遊んでたからね。それに……『約束』したんだ。」


「……約束?」


瑠美が不思議そうに聞いてきた瞬間、急に人が消えてフィールドが展開された。そして、僕のスマホから信長とアーサーが出てきて瑠美のスマホからルパンが出てきた。


「悠斗!気をつけろ!」


信長は警戒しろと言って辺りを警戒する。すると、前から2人の男女が現れた。城ヶ崎姉弟だった。

「アクティベート・オンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く