アクティベート・オンライン

時塚オイモ

第8話 〜好敵手!?新たな敵〜

「そ、そう言えば瑠美は何で僕達を呼んだの?」


「あ!そうそう、悠斗君と情報交換したいなって。それと悠斗君と喋りたかったなって」


瑠美は恥ずかしそうな顔で僕を見る。か、可愛すぎる!てか、よくよく考えたら瑠美ってアイドルなんだよな。そんな子と今一緒にいるんだよね。これがバレたら、やばいんじゃなかな……いや、バレなきゃいいよね!そんな事を思っていたら、信長が机を叩いて


「この泥棒猫め!やはり、悠斗を誘惑するのが一番の目的だったか!」


怒鳴りながら立つ。何でそんなに怒っているんだろう?


「え?何のこと?私は情報交換したいって言ったんだけど?信長さんは何を仰っているのかしら?」


瑠美も立ち上がりニヤつきながら信長に挑発する。


あれ?何これ?一体全体何が起きてるんだ?なんか、二人から火花のような物が見える。何で二人は睨みあってるんだ?そもそも信長は何故か怒ってるし、瑠美はにっこりしてるけど……目が笑ってませんが……なんかやばそうだ。ここは、僕が止めないと!


「二人共落ち着いて?」


「悠斗は……」
   

「悠斗君は……」


『黙ってて!!』


僕は二人に怒鳴られ、黙り込んだ。二人が、凄く怖い。すると、ルパンが僕の肩を軽く叩いて


「悠斗殿……女子の戦いは誰にも止められません。諦めましょう。」


確かに、この二人とまともに喋れる隙が無いような気がする。二人には申し訳ないけどここはルパンの言う通り、割り込まない方が良さそうだ。そして、僕とルパンは静かに喫茶店を出る。


「そう言えば、ルパンは幻惑が得意って言ってたけど他に得意な技ってあるの?」


ルパンが他にどんな技を出せるのか、凄く興味がある。


「そうですねぇ……幻惑以外でしたら手品や誘惑が得意ですね。」


「へぇー!やっぱりルパンは凄いんだね!」


戦っていた時を思い出しながら、僕は納得した。幻惑で姿を消して、手品で人を騙し、さらに誘惑して人を欺くか……あの時、ルパンが油断せずに本気で戦っていたらどうなってたのだろうか。


「悠斗殿達もとても強かったではないですか!あの、無限の刀はチートですよ。」


「そんな事はないですよ!でも、確かに信長がいなければ、信長じゃなければ!僕は負けて死んでいたかもしれません。」


「悠斗殿は信長殿の事を信頼しているのですね。」


僕は信長の事を思い笑顔で頷く。信長は、少し怒りっぽい所はあるけど、でも強くて優しい女の子なんだ。それだけで、信用性は十分だ。


「そろそろ戻りましょうか。マスター達が、心配していると思います。」


僕は頷き、ルパンと喫茶店に戻ろうとした時に違和感を感じた。


「……あれ?人が消えてる?」


さっきまで歩いてた沢山の人達がいなくなっていた。それに、人の気配が全く無い。まるで、僕達だけ別世界にいるみたいだ。ん?別世界……まさか!?


「どうやら、フィールドに入ったみたいですね。早くマスター達と合流しましょう。」


ルパンは少し焦りを見せ、僕も焦り出す。今、敵と遭遇したらこちら側が、かなり不利な状況だ。それだけは回避しないと!すると、何処からか大きな笑い声が聞こえてきた。


「ガハハハ!何処へ行くというのじゃ!」


声がする方を向くと目の前にある一軒家の上に、白く長い髭を生やした一人のお爺さんとその横に、気が強そうで頭が賢そうな中学生くらいの男の子が立っていた。これは、僕が思っていた直感が悪い方向で当たってしまったか。


「申し訳ありませんが、貴方達に構っている暇は無いのです。それでは失礼。」


ルパンは僕の腕を引っ張り、急いで信長達と会おうと移動しようとした時、白く長い髭を生やしたお爺さんが


「あの女娘達は、このフィールドには居らぬよ!」


「どう言う意味ですか!」


「女娘達は儂の嫁が相手をしているからのう。」


僕とルパンは同時に驚く。本当に、色々と悪い方向に向かってないか!僕と信長、瑠美とルパンのパートナー同士が居て初めて本気で戦えるのだが、今は別々に居る状態でこのままじゃ不利だ。そして、白く長い髭を生やしたお爺さんがドヤ顔で自分の名前を言う。


「儂の名は『ゼウス』!北欧神話の主神じゃ!」


「ゼウス!?確か、ゼウスの嫁って……」


「なるほど。今マスター達と戦っているのは女神『ヘラ』という訳ですか。」


ルパンは不安気に汗を流してゼウスを見つめる。ルパンも緊張している。それもそうだ!ゲームでも、相手はあの神なのだから、僕も不安な気持ちで押し潰されそうだ。


「そういう事じゃ!それでは始めるとするかのう。」


ゼウスは戦闘態勢に入った。この圧、重い空気が伝わってくる。普通のキャラクターじゃない事は確かみたいだ。


「どうやら、あのゼウスを倒さない限りマスター達と合流する事が出来なさそうですね。悠斗殿!ここは二人でやりましょう!」


ルパンは僕を見て頷き、僕も彼を見て頷く。しかし、僕達が神に勝てるのだろうか……正直、怪盗と神じゃ力の差が歴然としている。いや!諦めるのはまだ早い!これはゲーム!必ず、勝てる正気があるはずだ!信長、瑠美!二人共、無事でいてくれ!

「アクティベート・オンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く